Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

釣り女子さんから学んだ堤防のマゴチ釣りテクニックが面白い

スポンサーリンク

 

どうも、堤防釣り歴20年のタケチヨです。

今回は堤防からマゴチを釣るのに、知り合いの釣り女子さんから学んだポイントを、いくつかご紹介します。

その釣り女子さんが、昨年の10月あたりから、大型のマゴチを連発で釣り上げています。

初めは私も偶然だろうと横で見てました。

堤防のマゴチ釣りは狙いを湾内に絞る

f:id:sasaki07takefumi05:20190127232459j:image

堤防からマゴチを釣るとき大抵は、堤防の先端や堤防の外海にキャストするのが、セオリーではないでしょうか。しかし、釣り女子さんは堤防の湾内(内海)にキャストするんです。

「そこにマゴチは居ないでしょう。」と思っていましたが、ほぼ毎回、色んな堤防で結果を出しているので正解ですね。

それを見た周りの釣り人達も、湾内にキャストしだす始末です。もちろん釣れませんけど。

釣り女子直伝マゴチ楽々簡単アクション

f:id:sasaki07takefumi05:20190127232608j:image

誰でも簡単にできます。キャスト→ルアー着底。ロッドの角度はアタリに合わせるポジション(海面に対して45度ぐらい)で固定。

リールをゆっくり3秒間で三回転。リールを止める。→カーブフォール。→ルアー着底。3秒くらいステイ。

これを足元まで、毎投繰り返します。

以上です。とても簡単ですね。

f:id:sasaki07takefumi05:20190127232911j:image

これが堤防のマゴチ釣りには非常に効果があるんです。何故なのか。

釣りをしていて、よく耳にする魚のスイッチ

マゴチは、ほかの魚とは違うのではないか。

何故なら、釣り女子さんは毎回釣るのに、私はほぼ毎回ボウズです。

私はヒラメは何度も釣ってますが、巨大なマゴチが釣れません。

この差(釣り女子さん5-0私)を冷静に客観的に分析してみれば、一目瞭然です。

堤防マゴチのスイッチはスローなアクションで入る

f:id:sasaki07takefumi05:20190116045035j:image

私のアクションは、リフト&フォールです。ショートのワンピッチで割と早くキビキビとリフトして、カーブフォール。

リフトするときも、マゴチの射程レンジをイメージして、海底から30㎝以上はリフトしないように意識しています。

カーブフォールもなるべくスローになるように、軽めの7グラムのジグヘッドを使用して食わせるタイミングを、長くするように意識しています。私の中では完璧です。

しかし、何故釣れないのか。

要するに、釣り女子さんと私の違いは、ボトムからアクションするときの、初速リフトスピードが違うのです。

釣り女子さんのアクションは、「フワァーと緩やかにリフトして、スーーッとフォールする。」いわゆるスイミングに近いことが分かりました。

これこそが、マゴチのスイッチを入れて釣り女子さんの連発釣果の理由だと、私は確信しました。

f:id:sasaki07takefumi05:20190116152951j:image

上の画像は、いつものように一投目で釣り上げた57㎝のマゴチと、釣り女子さんの仕掛けです。

  • メバリングロッド8ft
  • タカミヤのリール2500番
  • P.E.ライン0.8号
  • リーダーはフロロカーボン1.75号
  • ジクヘッド7グラム
  • グラブワーム、ブルー

マゴチのアタリは「ドンッやガツッ」のような感じです。一呼吸おいてガッチリとロッドを立てて合わせましょう。

フッキングしたら、ゆっくりとリールを巻いてマゴチを堤防へ寄せていきます。

途中、何度かマゴチが走りますが、マゴチの口は平たく、フッキングは大抵が上顎にガッチリ掛かりますので、安心してください。

それよりもマゴチが走ったり、首を振っている時は、リールを巻いたりせずにロッドやリーリングで糸ふけ(ラインテンション)に注意してください。

 

まとめ

堤防からのマゴチ釣りは、スローにリフトして、マゴチのスイッチを入れ、スローにフォールで食わせること。

釣り女子さんと釣行して学んだことは、堤防でのマゴチ釣りは下の3つです。

  1. 湾内から攻める。
  2. 毎キャスト足元まできっちりアクション。
  3. SSS

「スロー、ショートリフト、スイミング」

釣り女子さんがアクションの名前までつけてくれました。

皆さんも堤防でSSS一度お試しください。

最後まで読んだいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク