Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

ナイトチニングで真チヌをズル引き以外で一発KOするアクション

スポンサーリンク

 

堤防チニングで真チヌの活性が最も高い時期と時間帯とは? - Taketiyo釣りブログ

もうすぐ3月ですね。

ナイトチニングシーズンが開幕しますが、ズル引きアクションだと堤防の真チヌが、

「なかなか食い込みにくく、フッキングが難しい。」

なんて苦戦している方に朗報です。

ナイトチニングで真チヌを一発でKOするズル引き以外のアクションをご紹介します。

チニング初心者の方には特にオススメしたい誰でも簡単にできるアクションです。

ナイトチニングで真チヌを一発KOするズル引き以外のアクション

f:id:sasaki07takefumi05:20190313163415j:image

リフト&フォールアクションです。

ルアーやワームの釣りの基本的なアクションの1つですが、真チヌをズル引き以外のリフト&フォールで食わせる簡単なアクション。

これこそが一発でワームでの真チヌをKOするズル引きアクション以外のアクションです。

このアクションには、ズル引きアクションとは違い「ガツガツっ」や「ゴツゴツっ」みたいなじれったいアタリはなく、ゴツンの食い込みのアタリなんで、即鬼合わせしましょう。

真チヌの上顎貫通の一発KO。

このパターンはナイトチニングでしかほとんどありえないパターンです。

チヌは非常に警戒心が強く、デイゲームではリフト&フォールに対して、即食い込みは少なく非常に小さくアタックを繰り返して、食い込むパターンがあるにはありますが、合わせのタイミングが非常に難しくフッキングには苦労します。

ナイトチニングの利点は堤防の真チヌに対してプレッシャーが低いことです。

このプレッシャーの低さが真チヌの即食い込みにつながる理由だと思います。

アタリがあったら「即鬼合わせで一発KO」とても簡単で最も確実なチニングのアクションです。

ショートワンピッチからのリフト&フォールアクション

f:id:sasaki07takefumi05:20190313163457j:image

ナイトチニングをズル引き以外のアクションで真チヌの食い気にスイッチを入れる方法として、「ショートワンピッチのリフト&フォール」があります。

根掛かりが多いポイントでこのアクションは有効的で根掛かりがほとんどなくなります。

仕掛けがボトムに着底したら即次のアクションを入れることが根掛かりしないコツです。

アクションを簡単に説明すると、ロッドの竿先を小さく(チョン)と動かします。竿先1回(チョン)につきリール半回転、これを竿先4回(チョン)リール2回転でワンセットです。

この後にロッドをアタリを取りやすいポジションに構えて、ピタリと止めてください。

このフォール中にアタリがあれば、即鬼合わせしましょう。

合わせを入れるロッドのポジションは非常に大切で、鬼合わせするには絶対必要なことです。

慣れてきたら緩急をつけたり、回数を増やしたり、色々な組み合わせで自分の得意なパターンを見つけてください。

まとめ

  1. ナイトチニングでズル引き以外のアクションでの真チヌのアタリは即鬼合わせがポイントです。
  2. ズル引き以外のアクション、ワンピッチリフト&フォールは根掛かりの多い場所で有効的なアクションです。
  3. 真チヌの上顎は非常に硬いので、鬼合わせが大切です。そのためには、合わせを入れやすいロッドポジションが重要です。

以上がナイトチニングで真チヌをズル引き以外の一発KOするアクションでした。

堤防のナイトチニングは、予想を上回る大物が掛かることがあるので、タモ網をお忘れなく。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク