Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

ヒラメナイトゲームは常夜灯のある堤防が釣果アップのポイント

スポンサーリンク

 

タケチヨ釣りブログへようこそ。

私の最近のナイトゲームでの釣果は常夜灯のある堤防のおかげで、大変満足しています。

堤防からの釣りはポイント選びが釣果アップの為には、非常に大切なポイントですよね。

ポイントを間違うと「なんて日だっ!」ってことになってしまいます。

今回は「ヒラメナイトゲームは常夜灯のある堤防が釣果アップのポイント」についてご紹介します。

ヒラメナイトゲームはアジングのポイントが釣果アップへの近道

f:id:sasaki07takefumi05:20190217175905j:image

ナイトゲームではヒラメの餌となるベイトがなかなか見つける事が難しく、基本的にベイトは常夜灯などに集まりやすく、常夜灯周辺でのアジングをやっている人が目立つような堤防は、かなり釣果が期待できるポイントです。

 

やはりヒラメはベイトが居ないような場合は釣果が上がらない魚種です。

 

夕マヅメにアジの群れが、常夜灯のある堤防湾内に入ってくるような潮通しのよいポイントは、ヒラメの魚影も濃くこのようなポイントは人気もあるので、早めにポイントに行くことが釣果につながります。

 

釣果アップの近道は、ベイトの集まるポイントを見つけることが大切ですよ。

常夜灯のある堤防の湾内はフルキャストして舟道を狙おう

f:id:sasaki07takefumi05:20190217223027j:image

ヒラメはシーバスのように、餌を追いかけまわすような捕食はしません。

基本は海底の砂の中だったり、岩陰や駆け上がりの場所に身を潜めて、餌を待ち構えるスタイルです。

 

常夜灯のある堤防の湾内は、舟道となる湾内の中央目掛けてフルキャストしましょう。

舟道は海底の地形がえぐれていることが多く、大抵の堤防の湾内は魚のつきやすい、好ポイントです。

 

フルキャストして、「一投目で釣れた」なんてことが多いのが、ヒラメナイトゲームの特徴でもあります。

 

ヒラメは獰猛なフィッシュイーターなので、ヒラメの目の前にルアーやワームを通せば、高い確率でアタックしてきます。

ルアーやワームの場合ヒラメのアタリは即合わせでOK!

餌釣りの場合はヒラメは早合わせは厳禁なんて、よく耳にしますが、あの理由は、ヒラメの捕食は、あの鋭い歯で一撃でベイトを瀕死にします。

一撃噛み付いたあとに噛み直しをしますので、しっかりベイトを丸呑みさせてから、合わせます。

これが餌釣りの早合わせ厳禁の理由です。

 

ヒラメのアタリの取り方

ルアーやワームは生きている魚とは違って、反射的にヒラメから逃げたりはしません。

 

ヒラメがアタックしたときは高い確率でヒラメ口の中にフックも入っていますので、噛み直しをされる前に、即合わせを入れましょう。

 

まとめ

  1. ヒラメのナイトゲームはアジングのポイント。常夜灯周辺に集まってくるベイトが釣果アップの近道。
  2. 堤防湾内はフルキャストで舟道の駆け上がり付近で餌を待ち構えるヒラメを狙おう。
  3. ルアーやワームでの、ヒラメナイトゲームはアタリがあったら即合わせでOK。

以上が、「ヒラメナイトゲームは常夜灯のある堤防が釣果アップのポイント」でした。

 

常夜灯周辺には、目には見えないベイトが居るパターンなんかもよくあります。

アジやイワシといった、比較的見つける事が簡単なベイトが居ないからといって、すぐにポイントを変えたりせずに、二、三投キャストして様子を見ることをオススメします。

 

常夜灯のある堤防の海底には色々なベイトが集まってきます。

小さなタコ、イカやカニなどなど…

あらゆる生き物がヒラメの餌となり得るベイトです。

常夜灯のある堤防の湾内は最高のポイントですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク