Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

深夜24時からでも十分釣れます!真夜中のエギングはポイント重視

f:id:sasaki07takefumi05:20191124121139j:plain

タケチヨ釣りブログへようこそ。

先日、知り合いの釣り女子さんと深夜のエギングに行ってきたんですけど、その時にとんでもないモンスターサイズのイカが、釣れちゃいました。

やはりモンスターは真夜中に、餌を求めて回遊していますよ。

 

さて今回は、深夜24時からでも十分釣れます!

真夜中のエギングはポイント重視!

について私の経験をもとにご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

深夜のエギングは常夜灯のある堤防ならば十分な釣果あり

f:id:sasaki07takefumi05:20191213164448j:plain

春の産卵シーズンを除いて、深夜のエギングは大抵の場合は常夜灯周辺に釣果が集中します。

何故かなぁ?

釣りをしている方なら知ってるとおもいますが昔から言われているとおり「常夜灯にはベイトが集まる。」なので、そのベイトを狙う大型のアオリイカやコウイカが堤防の湾内に入って餌を捕食しているので、常夜灯周辺は深夜のエギングでは、最高のポイントとして人気があります。

f:id:sasaki07takefumi05:20191206115514j:plain

冒頭のモンスターとはソデイカ推定7kg。

真夜中の堤防には、アオリイカやコウイカはもちろん、こんなモンスターも餌を求めて回遊していますよ。

ソデイカの最大パワーはシーバス並みでした。

深夜のエギングは、やはり常夜灯周辺は一級ポイントです。

 

目に見えているものだけがベイトじゃない!

深夜のエギングでは、常夜灯周辺にベイトが集まりやすいのですが、目には見えないベイトも沢山います。

もちろん表層を漂うプランクトンなんかもそうですね。

海底の小さなカニやエビなどなど、あらゆる生き物がベイトになり得ます。

見た目では何も居ないようですが、案外沢山のベイトが海底に集まっているパターンなんかもありますので、2、3投キャストしてみましょう。

ボトム付近で思わぬ大物がヒットすることも結構ありますよ。

 

まとめ

  1. 深夜のエギングでは、常夜灯周辺にベイトが集まりやすいので、春の産卵シーズンを除くと、最高のポイントになります。
  2. 真夜中の常夜灯周辺では、目に見えているものだけがベイトとは限りません。海底には沢山のベイトが集まっているパターンもありますよ。
  3. 深夜のエギングでは予想を超えたモンスターサイズのイカが釣れることがありますよ。

以上が、「深夜24時からでも十分釣れます!真夜中のエギングはポイント重視」でした。

www.fumitiyo.com

最後まで読んでいただきありがとうございました。