Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

アオリイカが全然釣れない!コウイカしか釣れない3つの理由

f:id:sasaki07takefumi05:20190426235358j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

 

「アオリイカが全然釣れないなぁ」ってときにこの記事を参考にしてみてください。

 

真冬の厳寒期を除けば、アオリイカは割と簡単に釣れるエギングの人気ターゲットですよね。

コウイカが釣れるなら、アオリイカもきっと近くに居るはずです。

あきらめたらそこで試合終了ですよね。

夜釣りのアオリイカエギング!時間よりも潮の状態が大事! - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク

 

コウイカしか釣れない3つの理由

f:id:sasaki07takefumi05:20190306164109j:image

理由その1

コウイカは海底の砂の中や海底にへばり付くようにして、餌を待ち構えています。

「エギングの基本であるボトムを取る」エギをボトムに着底させてしまうと、真っ先にコウイカがエギにアタックしてきますよね。

当然私達はアタリに対して合わせを入れます、その瞬間コウイカは大量の墨を海中に吐き出しまくるので、近くに居たアオリイカはすぐさまその場を離れてしまいます。

 

改善策その1

アオリイカを釣るには、キャストしてはじめのうちは、エギをボトムに着底させずに、中層を意識してエギングを展開すると、コウイカの墨でアオリイカが居なくなることは防げますよ。

 

理由その2

根掛かりがないような、エギングしやすいポイントでは、海底は砂地の場合が多いです。

コウイカは砂地の海底を好むそうなので、砂地のポイントでエギングをしていると大抵が一投目でコウイカが釣れます。

この一投目でコウイカを引くと、理由その1のようになります。

 

改善策その2

砂地のポイントはエギングしやすいですが、コウイカの好むポイントでもあります。

ポイントを変えて、ゴロタ石や岩などのある海底のポイント(根掛かりが多い場所)で、ボトムを取らずに中層を意識してエギングを展開すれば、根掛かりすることなくアオリイカを狙えます。

 

f:id:sasaki07takefumi05:20190306164817j:image

 

理由その3

エギをキャストしたときに、アオリイカがそのポイントには居ない可能性があります。

 

改善策その3

コウイカはあまり頻繁に移動しないそうですが、アオリイカは潮の流れなどで突然入ってきたり、居なくなったりと回遊性が非常に高いイカです。

あきらめずにキャストすることがポイントです。

エギング初心者が初めてアオリイカを釣る為のポイント - Taketiyo釣りブログ

 

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190306170955j:image

 

  1. はじのうちはボトムを取らずに中層を意識してエギングする。コウイカの墨に注意。
  2. 根掛かりの多いゴロタ石や岩などのあるポイントでエギングをするとコウイカは少ない。
  3. アオリイカは回遊性が非常に高いイカです。キャスト回数が多いほど、チャンスは巡ってきます。

 

以上が、今回の「コウイカしか釣れない3つの理由」です。

釣りは自然が相手なので、答えがいつも1つとは限りませんし、「運がいい」と釣れるなんてこともありますので、釣りは楽しい。

「釣りは一生楽しめる趣味の王様ですね。」

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アオリイカが釣れる時期と時間帯!上げ潮下げ潮どっちが釣れる? - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク