Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

エギング初心者の方でもすぐに使えるオススメアクション!

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121622j:image

アオリイカをエギングで釣ろう。

タケチヨ釣りブログへようこそ。

エギング初心者の方はアオリイカを釣るのは、難しいと思っていませんか?

「アオリイカを釣るアクションは難しい」

全然難しくありません。

釣れない理由はそこにアオリイカが居ない可能性が大です。

アオリイカはエギをしっかり「見せる」ことさえできれば、高確率でエギにアタックしてきます。

スポンサーリンク

 

エギング初心者の方にオススメのすぐに使えるアクション

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121655j:image

「シャクリながらリールを巻くなんて難しい」

始めはみんなそうなんですよ。

やってるうちに上手くなりますし、これができないと釣れないなんてことはありませんよ。

はじめのうちは、シャクリアクション(竿)と糸ふけ回収(リール)を別々に操作しましょう。

エギをキャストしたら、海底付近までカウントしながエギを沈めてください。

(カウントとは何秒間くらいでエギが海底に沈むのかを知る為の目安のことです。)

 

エギが海底付近についたら、シャクリを入れましょう。

シャクリアクションその①

シャクリ1回→リールで糸ふけを巻きとる→シャクリ1回→巻きとる→シャクリ1回→巻きとる

ゆっくりでもいいので、確実にシャクリを入れることに集中しましょう。

(イメージはエギを海中でピョンピョン跳ねさせるような感じです。)

3〜4回くらいシャクリアクションを入れたら、竿先を海面に向けてエギを再び海底付近まで沈めてください。

シャクリアクションその②

竿先でチョンチョンチョンと軽く5〜6回くらい小さくシャクリを入れてから、リールで糸ふけを巻きとり、竿先を海面に向けてエギを再び海底付近まで沈めてください。

シャクリアクションその③

大きく竿を一回垂直に立ててから、竿先を海面に向けてリールで糸ふけを巻きとりそのままの状態でエギを再び、海底付近まで沈めてください。

シャクリアクションはゆっくりでもいいので、確実に一回一回シャクリを入れるように注意することが大切ですよ。

 

初心者の方はエギをアオリイカに見せることに集中しよう

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121733j:image

エギングで大切なことは、エギを海中でピョンピョンスーッと上げたりするシャクリアクションの後のフォールです。

フォールとは見せるアクションです。

このフォールアクションを長く見せる為には、軽いエギを使うことと、あと1つ方法があります。

エギにテンションをかける。

エギングをしているとよく耳にするこの言葉ですが、初心者の方でも簡単にできる基本的なフォールアクションです。

テンションカーブフォールです。

やり方は簡単で、シャクリアクションの後に竿先を海面に向けて、糸ふけを回収してそのままエギを海底に着くまで待つだけです。

エギは手前に向かってきながらゆっくりと沈んでいき、このフォールアクション中にアオリイカはアタックしてきます。

このフォールアクションの長所はとにかくアタリが明確に伝わるというところです。

初心者の方は、まずこのフォールアクションをマスターしましょう。

 

 

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121854j:image

  1. はじめのうちは竿とリールは別々に操作。確実に一回一回シャクリアクションを入れましょう。
  2. アオリイカにじっくりと長く見せるカーブフォールアクションでアオリイカの明確なアタリをとりましょう。

 

初心者の方でもエギをしっかりとアオリイカに見せることができれば簡単に釣れます。

派手なアクションや高度なフォールテクニックよりも、まずは基礎や基本がなによりも大切だと私は思います。

それでは今年も堤防にアオリイカの雨を降らせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク