Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

イカが堤防から入れ食いになる時間帯は朝・昼・夜のどれ?

f:id:sasaki07takefumi05:20190320180312j:image

エギングで最もイカが釣れる時間について様々な考え方や意見がありますが、結論から言えば朝マヅメでしょうね。

しかし、その日の潮の関係もありますので、「毎日朝マヅメがいいのか」と言われると正直微妙なところです。

私の経験上の話で申し訳ないですが、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

 

コウイカエギング!堤防からのベストな時期と入れ食いエギカラー2種 - Taketiyo釣りブログ

朝マヅメが最もイカが釣れる!産卵シーズンは潮によっては夕マヅメが凄い

f:id:sasaki07takefumi05:20190321215134j:image

朝マヅメなら一匹は必ず釣れる。

私は朝マヅメが最も釣れると思っています。

夜中の間に餌を求めて浅場へ入ってきたイカが、日の出とともに辺りがだんだん明るくなってきだすと、堤防周辺にいるイカが我先にと一斉にエギにアタックしてきます。

産卵シーズンの満潮前後1時間(時合い)と朝マヅメが重なるときなどは「ボトムにエギを沈めるだけでヒットする」まさに入れ食い状態が頻繁に起こります。

 

産卵シーズンの夕マヅメは朝マヅメに勝ることがある!

夕マヅメから夜にかけて、物凄い数が釣れることもその日の潮よってはあります。

その代表的なのが、産卵シーズンによくあるイカの夕マヅメ入れ食いパターンです。

産卵シーズンで夕マヅメと満潮前後1時間(時合い)などが重なるときに、この入れ食いパターンがよく起こります。

イカは夜行性なので日が沈むにつれて、次から次へと浅場へ入ってきます。

堤防はまさにイカの入れ食いお祭り騒ぎになります。

日中昼間でも水深のある堤防ならチャンスはある

f:id:sasaki07takefumi05:20190321215206j:image

基本的に産卵シーズンや秋の新子シーズンならば、日中でもイカの入れ食いは起こります。

それ以外のシーズンではどうなの?

日中の明るい時間帯でも、水深10mぐらいあるような堤防なら入れ食いのチャンスは十分にあります。

コウイカならば砂地の海底、アオリイカならば身を隠せるような海藻帯などがあれば、可能性は十分にあります。

 

日中に入れ食いになるポイント
  1. イカの餌となるとベイトが沢山いる。
  2. 満潮前後1時間(時合い)である。
  3. 水深が10mぐらいある。
  4. 砂地や海藻帯がある。
  5. 海水温が17〜20℃前後である。

上記の条件が満たされていれば、チャンスは十分にあります。

特に2番目の満潮前後1時間の(時合い)は大チャンスですよ。

5番目の海水温ですが、イカの産卵シーズンは15℃くらいから始まりますが、イカの活性が最も高い水温は、20℃前後とされています。

スポンサーリンク

 

アオリイカ産卵は海水温15℃から!海水温15℃って何月ごろ? - Taketiyo釣りブログ

ナイトエギング夜釣りでの入れ食いは常夜灯のある堤防周辺

f:id:sasaki07takefumi05:20190321215307j:image

夜釣りで常夜灯周辺が好ポイントになるのは、海で夜釣りをする方なら誰でも知っていると思います。

やはりイカは光に集まってくる習性がありますので、堤防の常夜灯周辺はイカの活性が高く、しかも夜行性のイカは、エギを見つけると警戒心無く即アタックしてきます。

シャクリ方も日中ほどアピールする必要もなく、「ただ巻きからのフォール」でエギにアタックしてきます。

ナイトエギングの入れ食いパターンはやはり満潮前後1時間などの「時合い」で起こることがほとんどです。

まとめ

  1. イカ釣りの朝マヅメなら一匹は必ず釣れる。時合いと重なると入れ食い間違いナシ。
  2. イカ釣りの夕マヅメから夜にかけての時合いは凄い。イカの入れ食い祭り。
  3. イカ釣りの入れ食いは満潮前後1時間の時合いで起こることがほとんど。
  4. 日中のイカ釣りでも、水深やポイントしだいで、時合いを狙えば入れ食いはある。
  5. ナイトエギングは常夜灯周辺の時合いで入れ食いが起こることが多い。夜行性のイカは活性も高くアクションはただ巻きフォールでも警戒心無く釣れる。

いかがでしたか。

あくまでも私の経験上の話なので、違う意見や考えも沢山あると思いますが、釣りに決まりはありませんよね。

なにか1つでも参考になれば幸いです。

それでは長々とお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク