Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

夜釣りでエギング!夜行性のアオリイカは常夜灯周辺に集まる!

f:id:sasaki07takefumi05:20190330172626j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

最近夜が過ごしやすくなりましたね。

こんな夜は、のんびりとアオリイカエギングを近くの常夜灯のある堤防でやりたくなりますが、明日も朝早くから仕事があるので、仕方なく我慢するしかないので、記事の作成に専念するとします。

さて今回ご紹介するのは、夜釣りのエギングで夜行性のアオリイカの習性を利用したポイントの選び方や夜釣りの常夜灯周辺での、アオリイカに有効な誘い方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

エギング初心者が初めてアオリイカを釣る為のポイント - Taketiyo釣りブログ

夜釣りのエギングは常夜灯周辺にアオリイカは集まる

f:id:sasaki07takefumi05:20190330213510j:image

アオリイカは夜行性で非常に回遊性の高いイカです。

アオリイカは光に集まる習性があり、夜釣りのエギングでは常夜灯周辺は、実績の高いポイントです。

理由は、沢山のプランクトンが常夜灯の光に集まり常夜灯周辺に溜まるので、それを食べに集まる小魚たちがアオリイカの餌となるからです。

このような常夜灯周辺のポイントは、春〜秋の夜釣りのエギングでは、かなりの確率でアオリイカの回遊ルートになりやすいので、夜釣りのアオリイカのポイントには最高です。

春の夜釣りのエギングはボトムレンジを狙おう

春はアオリイカの産卵シーズンで、アオリイカはボトムに生えている海藻帯に産卵します。

オスもメスも産卵を意識して、ボトムの海藻帯付近にいることが多いので、狙うレンジとしてはボトムレンジが最も釣果につながります。

ボトムレンジから2〜3回程度、優しくシャクリを入れてフォールが基本の釣り方です。

注意点

ボトムレンジ付近にはコウイカがいるので、気をついてください。

コウイカを掛けてしまうと、大量の墨を海中に撒き散らしてしまって、近くにいたアオリイカはその場から離れてしまいます。

対処法

コウイカを釣り上げた場合は、釣り上げた場所から潮の流れの上流に、少し場所を移動してください。

墨は下流へ流れていくので、上流にキャストしてエギングすれば、近くにとどまっているアオリイカがいれば、釣れる可能性も見えてくると思います。

秋の夜釣りはボトムレンジより上を狙う!

秋の夜釣りのアオリイカは中層のレンジを徹底してエギング展開した方が圧倒的に釣れます。

産卵シーズンとは違い、アオリイカは表層などに浮いている傾向が、常夜灯周辺ではよく見られるので、中層を手返しよくエギング展開しましょう。

スローでナチュラルなフォールアクションが有効

f:id:sasaki07takefumi05:20190330215610j:image

  • エギ王Kシャロータイプ
  • ムラムラチェリー3.5号
  • 沈下速度 約1m/6秒

春のアオリイカは産卵前ということもあり、警戒心が高く、夜の視界の悪さもあってなのか、エギはスローなシャクリの方が反応がよく、ボトムレンジからシャクリを入れて、中層付近でエギをしっかりと見せることが大切です。

夜釣りのエギングの場合は、シャクリよりもフォールアクションがより重要で、スローにしかもナチュラルなフォールがとても大切です。

潮の流れが比較的に緩やかなポイントならば、シャロータイプのエギが夜釣りでは、最もアオリイカを釣ることができるエギだと私は考えています。

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190330214248j:image

  1. 夜釣りのエギングは常夜灯周辺にアオリイカは集まる。
  2. 春はボトムレンジ、秋は中層をエギング展開しましょう。
  3. コウイカを掛けてしまったら、潮の流れの上流に場所を少し移動しよう。
  4. 夜釣りのアオリイカはスローなフォールアクションが大切です。
  5. スローなフォールアクションは、シャロータイプの軽いエギが夜釣りのアオリイカには、有効ですよ。

いかがでしたか。

夜釣りのアオリイカエギングは、釣れたときは非常に大型が多く、春イカは特に大型です。

ラインブレイクなどが起こることがないように、こまめにラインメンテナンスも行いましょう。

夜行性のアオリイカの習性を利用して、今年も夜釣りで堤防の常夜灯周辺に、アオリイカの雨を降らせましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

アオリイカ産卵は海水温15℃から!海水温15℃って何月ごろ? - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク