Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

アオリイカエギング初心者でも堤防から楽に釣れる時期と時間帯

f:id:sasaki07takefumi05:20190402191045j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

ついに春がやって来ましたね。

この季節になるとワクワク、ドキドキで毎日幸せな気分です。

 

堤防エギングで、釣りたいイカ人気ナンバーワンは、おそらくアオリイカでしょう。

堤防からのアオリイカエギングは、時期と時間帯によっては、本当に簡単で楽にアオリイカを釣り上げることができます。

アオリイカエギング初心者の方でも、今回ご紹介する「アオリイカエギング初心者でも堤防から楽に釣れる時期と時間帯」を参考にしていただければ、きっとアオリイカを楽に釣り上げられますよ。

スポンサーリンク

 

アオリイカのオスとメスの違い!見た目と味の違いについて - Taketiyo釣りブログ

春の産卵シーズンの親イカを狙おう

f:id:sasaki07takefumi05:20190402212954j:image

アオリイカエギングで、初心者の方が釣れないのはアオリイカが居ないときに、エギングしていることがほとんどです。

アオリイカは春の産卵シーズンになると、沢山のアオリイカが一斉に、浅場の海藻帯(藻場)に集まってくるので、初心者の方は、この時期に堤防からアオリイカエギングをはじめることを、強くオススメします。

春の産卵シーズンとは?

アオリイカの寿命は約1年です。

親イカは、この春の産卵を終えて死んでしまいます。

この時期のアオリイカは、産卵の為に堤防周辺の浅場へ入ってきて、海藻帯(藻場)で産卵します。

その時期は海水温と密接な関係があります。

海水温15℃は産卵準備。

地域によって差がありますが、3月中旬に平均気温が15℃を超えてくると、海水温は約1ヶ月後の4月中旬ごろに15℃を超えてきます。(地域差あり)

海水温の上昇は、気温上昇から1ヶ月くらい遅れて上昇するようです。

アオリイカは、この頃から堤防周辺の浅場を意識しはじめ、産卵の準備期間に入ります。

この時期は堤防外海のボトム付近にいることが多く、湾内の海藻帯(藻場)まで入ってくることは、ほとんどありませんので基本的に4月頃は、外海に釣果が集中しています。

エギングでバラシ連発!原因は合わせ方だけじゃない! - Taketiyo釣りブログ

産卵開始は海水温18℃から

アオリイカの産卵開始の目安は、海水温18℃ぐらいからです。

1日を通して18℃に安定すると産卵行動がはじまります。

海水温18℃とは、毎年の平均気温や平均海水温から考えると、4月の後半から5月前半にかけてが、海水温18℃安定の時期にあたります。

アオリイカは、この時期になると堤防の足元をはじめ、湾内の奥の海藻帯(藻場)まで入ってくる個体が増え、親イカが最も釣れる時期となります。

もちろん地域によって差がありますが、この時期に積極的に堤防からアオリイカエギングをすれば、初心者の方でも高確率で楽に親イカを釣れると思いますよ。

親イカシーズンは地域によって差がありますが、夏ごろまでがピークとなります。

朝夕マヅメと夜釣りが最も釣れる

f:id:sasaki07takefumi05:20190403181752j:image

アオリイカエギングで堤防から最も釣れる時間帯は、やはり朝夕マヅメと夜釣りです。

朝マヅメとは、日の出1時間前後のことです。

夕マヅメとは、日の入り1時間前後のことです。

夜釣りとは、夕マヅメの後から朝マヅメ前にかけてのことですね。

アオリイカエギングで釣果が集中する時間帯は、この朝夕マヅメです。

満潮前後1時間の時合いを釣る

それともう一つアオリイカエギングでよく釣れる時間帯があります。

それは、満潮前後の1時間ぐらいのことです。

この時間帯は、時合いというそうで非常に潮が動く時間帯で、アオリイカの活性が上がり、餌に積極的にアタックしやすい時間帯となります。

アオリイカの産卵シーズンで、この朝夕マヅメと満潮前後の時合いが重なるときが、アオリイカエギングで最も大チャンスの時間帯となります。

初心者の方は、この時間帯でのアオリイカエギングを強くオススメします。

夜行性のアオリイカは潮通しのよい堤防湾内を狙おう

アオリイカは夜行性のフィッシュイーターで、産卵時期と言えどもアオリイカは、餌を捕食しなくてはいけません。

この時期のアオリイカは、湾内のベイトに非常に反応がよく、ベイトの溜まるような堤防湾内は、アオリイカからすれば最高の産卵場所になりやすく、そこに海藻帯があればほぼ間違いなく、親イカが産卵場所に選んでいるはずです。

常夜灯周辺の海藻帯(藻場)付近を狙おう

アオリイカは光に集まってくる習性があり、常夜灯のあるような堤防で、海藻帯(藻場)が存在するポイントは、まず海藻帯周辺をしっかり狙いましょう。

夜釣りのアオリイカエギングで釣果が出やすいキャストポイントは、常夜灯の明暗付近に存在する海藻帯(藻場)が、最も釣果が出やすいキャストポイントですよ。

アオリイカが全然釣れない!コウイカしか釣れない3つの理由 - Taketiyo釣りブログ

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190403190123j:image

  1. アオリイカエギング初心者の方は、4月後半から5月前半の産卵シーズンに親イカを狙いましょう。
  2. 朝夕マヅメや夜釣りの時合いを意識して、アオリイカエギングをすれば初心者の方でも高確率で釣れる。
  3. 夜釣りの湾内、常夜灯周辺の明暗付近の海藻帯(藻場)は、親イカの産卵場所になりやすいので、積極的に狙ってみてください。

いかがでしたか。

今回ご紹介した「アオリイカエギング初心者でも堤防から楽に釣れる時期と時間帯」を参考にしていただいて、今年も堤防にアオリイカの雨を降らせましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

エギング初心者が初めてアオリイカを釣る為のポイント - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク