Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

夜釣りのアオリイカエギング!時間よりも潮の状態が大事!

f:id:sasaki07takefumi05:20190421171537j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

アオリイカは夜行性で、非常に獰猛なフィッシュイーターです。

日中よりも夜の方が活性も高く、引きもかなりダイナミックです。

今回ご紹介するのは、アオリイカを堤防から夜釣りで狙う場合に、エギングを始める時間よりも、潮の状態が大事な理由を解説していきます。

スポンサーリンク

 

アオリイカは夜のハンター!堤防の湾内で待ち伏せエギング! - Taketiyo釣りブログ

潮の動きが活発な時間帯に釣果あり

f:id:sasaki07takefumi05:20190411164436j:image

朝夕マヅメならば、多少潮の状態が悪くても、アオリイカはエギに反応しますが、日が沈んでしまって辺りが真っ暗な時間帯になると、「潮の状態がアオリイカの釣果を決める」と言ってもいいです。

 

潮の動きは、目視で確認する方法とエギから伝わる感触で確認する2つがありますが、目視では潮が止まっているような状態でも、海の中は以外と潮が動いていたりする場合もあるので、

エギをキャストして、潮の動きを確認するほうがより正確だといえます。

 

上げ潮の満潮までのエギングが釣果が出やすい

一般的にアオリイカの夜釣りの堤防エギングは、潮が上がり始める時間から開始して、満潮の潮止まりまでが釣りやすく釣果が出やすいです。

 

基本的に夜釣りのアオリイカは、潮の流れに乗って堤防付近に入ってくるので、上げ潮の潮に乗って入ってきやすく、このタイミングを逃さないように、キャストし続けることが大切です。

 

満潮間際にアタリが集中しやすい

地域にもよりますが、夜釣りの干潮間際にアオリイカがバタバタ釣れる堤防などもあるため、絶対に上げ潮の満潮間際が釣れる、というわけではありませんが、確率からいうと上げ潮の満潮間際の方が夜釣りでは、釣果が多いという話です。

エギングでバラシ連発!原因は合わせ方だけじゃない! - Taketiyo釣りブログ

潮止まりは避ける方が無難

f:id:sasaki07takefumi05:20190412012919j:image

夜釣りに限らず、潮が止まっているとアオリイカの活性が下がり、エギに対して反応が薄くなります。

潮止まりとは

満潮から干潮や、干潮から満潮へ向かって潮が動き始める時間の前後に、潮が緩み潮の動きが無くなる状態のことです。

 

この潮が止まった時間帯は、不思議なほどアオリイカは釣れないので避けた方が無難です。

潮の動き(満ち引き)は、海中へ酸素を運搬する役割があるので、酸素が減ると海の生き物が捕食行動をしなくなるそうです。

満潮からの下げ潮で効率よく狙い撃ち

f:id:sasaki07takefumi05:20190421171625j:image

夜釣りで満潮からのアオリイカの堤防エギングは、効率よく狙い撃ちが可能な時間帯が2つあります。

 

それは、満潮の潮止まりから1時間後くらいの潮の動き出し」の時間帯と、干潮の1時間前ぐらいの「潮止まり間際」の時間帯です。

 

その日の潮によっては、この時間帯に多少ズレがありますが、この満潮からの潮の動き出しや、干潮前の潮止まり間際の時間帯に狙いを絞ってエギングすれば、効率よくアオリイカを釣り上げることができます。

ナイトエギング入門!ボトム着底のコツと狙うレンジについて - Taketiyo釣りブログ

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190412005218j:image

  1. 夜釣りでアオリイカの釣果の出やすい時間帯は、一般的に上げ潮の満潮までがよい。
  2. アオリイカは潮の流れに乗って堤防付近に入ってきやすく、チャンスのタイミングを逃さないように注意しましょう。
  3. 潮止まりは避ける方が無難。理由はアオリイカの活性が低いので、エギに反応が非常に薄い。
  4. 下げ潮の狙い撃ちの時間帯とは、2つあり満潮の潮止まりから、潮の動き出しと干潮間際の潮止まり前の時間帯です。

いかがでしたか。

 

アオリイカの堤防エギングは、時間よりもその時間の潮の状態が非常に大事です。

潮が動かないとアオリイカも捕食することはありません。

 

夜釣りのアオリイカエギングをやる際は、携帯の潮見表のアプリなどで、潮の状態をチェックしてからエギング開始の時間を決めると、釣果アップにつながりますよ。

 

潮の動きはじめや、潮の動きが止まる前などが最もチャンスがある時間帯です。

ポイントやその日の天候、気温などの影響もあり潮の動きに規則性はありません、突然動き出したり、緩んだりと常に変化をしています。

 

チャンスは突然やってきます。

今回ご紹介した、「夜釣りのアオリイカエギング!時間よりも潮の状態が大事!」を是非参考にしていただいて、堤防にアオリイカの雨を降らせてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

www.fumitiyo.com

エギング初心者が初めてアオリイカを釣る為のポイント - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク