Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

チヌの乗っ込みシーズン夜釣りのワームズル引きのやり方

f:id:sasaki07takefumi05:20190423164249j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

チヌは警戒心の非常に高い魚として、有名です。

そんな警戒心の強いチヌも乗っ込みシーズンでは警戒心が薄れ、餌を荒食いする習性があり、この時期の夜釣りともなると、その行動はまさにアジのサビキ釣りに似たようなほどに、アタリが連発します。

 

これからチニングをはじめてみようと考えている方は、この乗っ込みシーズンの夜釣りで狙うことをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

堤防チニングで真チヌの活性が最も高い時期と時間帯とは? - Taketiyo釣りブログ

乗っ込みシーズンのチニングナイトゲームの釣り方

f:id:sasaki07takefumi05:20190423181712j:image

チニングは敷居が高いようなイメージがありますが、実はとても簡単な釣りです。

 

ジグヘッドにワームをセットして、リールをゆっくりと巻きます。

海底をゆっくりとズルズル〜っとズル引きするだけで、チヌが釣れます。

 

嘘と思われますが、乗っ込みシーズンの夜釣りならこれだけで本当に釣れます。

 

産卵前の乗っ込みの時期とは

乗っ込みとは、チヌが産卵の前の荒食い行動の時期のことで、海水温が重要な鍵となります。

チヌの産卵の適水温は、20℃が最も孵化に適しているらしく、この海水温20℃とは、6月ぐらいが全国の平均海水温にあたります。

ということは、この6月より前に産卵前の荒食い行動が始まるわけなので、地域によって差はありますが、およそ3月中旬〜6月ぐらいまでがチヌの乗っ込みの時期となります。

 

ズル引きアクションでのチヌのアタリ

乗っ込みシーズン中のチヌのワームズル引きアクションでのアタリは、非常に特徴的でその多くは、「ガツガツっ」「ゴツゴツっ」といった、「餌に噛み付いて、弱らせてから口に入れる」前アタリがほとんどで、即食い込むことはまずありません。

 

ズル引きアクションでのアタリの合わせ方

乗っ込みシーズン中のワームズル引きアクションでのアタリの合わせ方には、少しコツがいります。

 

慣れると簡単に合わせられなるんですが、慣れないうちは一発勝負に出るなど、一か八かの勝負も楽しみの一つです。

 

失敗すると、「スポッと重みが抜ける。」

即合わせはほとんどが、スッポ抜けてしまいます。

 

アタリの合わせ方のコツ

乗っ込みシーズン中の合わせ方のコツは、アタリがあっても即合わせはしないで、竿先が「グググっ」と入るまでタイミングを待ちましょう。

竿先がグググっと入った瞬間に、竿を大きく引きながら、強くしっかりとフッキングさせてください。

 

やり取りはじっくり焦らずに

チヌのフッキングに成功したら、チヌは激しく突っ込みを何度か繰り返して走ります。

 

リールのドラグでラインブレイクを回避しながら、ラインテンションをキープしてバラシを回避してください。

 

チヌの突っ込みは、大型になると激しさもそれに応じて激しくなりますし、体力もあるのでなかなか海面に姿が現れません。

 

しかし、ここで焦らずに自分のフッキングを信じて、じっくりと弱るまでやり取りしてから、タモ網ですくいましょう。

無理をして強引なタモ入れは、バラシの原因になりますので注意しましょう。

ナイトゲームはワームズル引きに釣果が集中する理由

f:id:sasaki07takefumi05:20190423211619j:image

乗っ込みシーズン中の夜釣りでチヌは海底の砂煙に、強い反応を示す習性があるそうで、海底をワームがズルズルと移動すると、そこには必ず砂煙がたちます。

 

この砂煙にチヌは反応して追尾して、ワームを餌と認識してから、アタックしてきます。

乗っ込みシーズンの夜釣りで警戒心が薄れていても、チヌは必ず餌と確認してからしか、口を使いません。

 

乗っ込み時期と夜釣りに加え、このワームズル引きがたてる砂煙が、チヌの警戒心を無効化してくれるので、チヌはワームを餌と認識して口を使うのです。

 

チニング初心者の堤防ズル引きテクニック - Taketiyo釣りブログ

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190424130535j:image

  1. 乗っ込みシーズンとは、海水温20℃より前の3月中旬〜6月ぐらいまでの時期。地域によって差があります。
  2. 乗っ込みシーズンの夜釣りはワームのズル引きアクションで簡単に釣れます。
  3. ワームズル引きアクションの合わせ方は、竿先がグググっと入ってから、即合わせはやめましょう。
  4. やり取りは焦らずに弱らせてから、タモ網に入れましょう。
  5. 乗っ込みシーズン中はボトムにアタリが集中するのは、ワームズル引きで海底の砂煙がチヌの警戒心を無効化するからです。

いかがでしたか。

 

チヌの乗っ込みシーズンの夜釣りは、ワームが圧倒的に有利なうえ、驚きの真鯛67cmなどが釣れることもありますよ。

 

海水温からチニング「乗っ込み」を制す - Taketiyo釣りブログ

是非今回ご紹介したワームズル引きアクションで、堤防にチヌの雨を降らせてください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク