Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

タコ釣り産卵シーズン!必殺のタコエギカラー3種

f:id:sasaki07takefumi05:20190515211929j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

最近のたこ焼きは、中に入っているタコが昭和の時代に比べて非常に小さく感じます。

 

年々物価も上がって、タコの価格も今や高級食材の仲間入りです。

たこ焼き屋さんもそんな高級食材を、昔のようにゴロゴロ入れるわけにはいかないんでしょうね。

 

こうなったら自分で釣ったタコを大きめにカットして、お家で大タコ焼きを自分で作ろうかと計画しています。

 

そして、いつの日か独立開業も…

 

さて今回は、タコ釣りを堤防で開始するベストな時期と堤防タコ釣りで、タコが入れ食いになるタコエギカラー3種についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

タコ釣りベストシーズンは産卵時期

f:id:sasaki07takefumi05:20190516175342j:image

タコにも色々と種類がいますが、堤防からのタコ釣りといえば、やはりマダコですね。

まずはマダコが堤防付近の浅場に集まる、時期を知ることが大切です。

マダコが堤防付近に集まる時期には、理由があります。

 

マダコの産卵時期

マダコが堤防付近の浅場に集まる理由は、産卵行動のためです。

 

このマダコの産卵行動は、6月〜8月くらいの時期に比較的浅場の海域でおこなわれ、この期間中に各個体が2回くらいおこなうそうです。

 

タコは非常に賢いと言われていますが、産卵期間中のマダコは沢山の餌を食べるそうで、警戒心がほとんど無く、近くを動くものに敏感に反応して、捕まえるまで何度もアタックするほど貪欲に餌を追いかけます。

 

この時期には、600g〜800gぐらいのサイズのマダコの数釣りはもちろん、普段沖の深場にいるような2キロを超える大型のマダコが堤防から狙えるため、堤防タコ釣りでベストな時期となります。

 

タコは夜行性のハンター!タコは夜釣りが一番釣れる - Taketiyo釣りブログ

マダコは夜行性のハンター

f:id:sasaki07takefumi05:20190516182201j:image

マダコは夜行性の習性があり、日中の時間帯は巣穴や岩の隙間などで隠れていることが多く、基本的には、朝マヅメや夕マヅメの薄暗い時間帯が釣れやすく、特に大型のマダコは夜釣りでの夜間の時間帯によく釣れます。

 

タコが夢中で追いかける!タコエギの色とアクションはコレだ! - Taketiyo釣りブログ

必殺のタコエギカラー3種

f:id:sasaki07takefumi05:20190516183008j:image

夜釣りはピンク系が必殺

タコは派手なタコエギカラーが基本的に釣れやすく、タコに見つかりやすいタコエギカラーが、必殺のタコエギカラーになります。

 

必殺パターンは、ズル引きやリフト&フォールなど、組み合わせてアクションすれば釣果アップにつながりますよ。

 

ピンク系は夜釣りの場合には必殺カラーと言えます。

視界の悪い夜釣りでは、海底は真っ暗で派手なピンク系のカラーは、釣りをする私達にも見つけやすくて、回収したりキャストしたり、手返しがよく非常にオススメです。

 

必殺タコエギカラーの代表と言っても過言ではありません。

 

この一色だけでもシーズン中に十分な釣果が見込めますが、堤防タコ釣りで根掛かりすることも考慮すると、やはり3種は持って行きたいですよね。

 

朝夕マヅメの必殺カラー

f:id:sasaki07takefumi05:20190516190133j:image

朝マヅメや夕マヅメの薄暗い時間帯の必殺カラーは、先ほどのピンク系の必殺タコエギカラーも十分入れ食いは起こりますが、こちらのカラーもなかなか信頼できる必殺タコエギカラーの一つです。

 

ピンク系の必殺タコエギカラー同様、暗い時間帯でも見つけやすく、手返しよくタコ釣りができます。

 

ピンク系のタコエギの交代選手として、釣りの流れを変えたい場面で使用すると、大逆転がある場合がありますよ。

 

エギングロッドでタコ釣り!柔よく剛を制す!合わせ方のポイント! - Taketiyo釣りブログ

明るい時間帯の朝夕マヅメの必殺カラー

f:id:sasaki07takefumi05:20190517001226j:image

タコは光るものが大好きです。

朝マヅメの日が昇ってからや、夕マヅメの日没前の明るい時間帯は、日光を反射してフラッシングする必殺タコエギカラーが大活躍します。

 

タコは色盲らしく、色の識別はできないそうですが、色の波長や光は識別できているようで、昔から赤と白がタコの大好きな色として、タコ釣りの仕掛けに使われています。

 

上の画像のような必殺タコエギカラーは、赤くてキラキラとフラッシングするので、タコの習性をしっかり捉えた必殺タコエギカラーの一つです。

 

【入門】堤防タコ釣り初心者の基本テクニック - Taketiyo釣りブログ

まとめ

  1. 堤防タコ釣りのベストシーズンは、マダコが堤防付近の浅場に集まる産卵時期の6月〜8月の期間が最も釣れる。
  2. タコは夜行性です。特に夜釣りは大型なタコもよく釣れます。
  3. 必殺タコエギカラーは夜釣りや朝夕マヅメは見つかりやすい派手なタコエギカラーが必殺、手返しもやりやすくオススメです。
  4. タコは光るものが大好き。朝夕マヅメの日光の光がある時間帯は、フラッシングするタコエギが入れ食いになりやすい必殺タコエギカラーです。

 

いかがでしたか。

 

堤防タコ釣りのベストシーズンは、これから始まる年に一度の楽しいシーズンイベントです。

 

これから堤防タコ釣りをはじめる方や、すでにタコ釣り経験者の方も、是非参考にして必殺のタコエギカラーを使ってみてください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク