Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

堤防タコ釣りの素朴な疑問!朝と夜ならどっちが釣れる?

f:id:sasaki07takefumi05:20190630191742j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

魚釣りの最も期待できる時間帯とは、やはり朝マヅメですね。

 

暗い海が少しずつ明るくなり始めるあの時間帯。

海釣り経験のある方ならば、誰でも知っている最高の時間帯ですよね。

 

では夜行性のタコはどうなのでしょうか。

夜釣りと朝マヅメの釣りなら、どちらが釣れるのか?

 

今回はそんな素朴な疑問について、私の経験も交えながら解説していきたいと思います。

 

www.fumitiyo.com

 

 

スポンサーリンク

朝マヅメは釣果が出やすく釣りやすい

f:id:sasaki07takefumi05:20190702172127j:image

堤防タコ釣りで朝マヅメは、最もタコ釣りがやりやすい時間帯と言えます。

堤防タコ釣りの時期は、夏場がメインの釣りになるので、非常に蒸し暑くて体力もかなり消費します。

「朝マヅメは涼しくて釣りやすい」

しかも堤防付近に夜中に集まってきた、タコが餌を食べたくて待ち構えているので、仕掛けに非常に反応が良く、一投目でタコが掛かることが多いのが朝の堤防タコ釣りの特徴です。

 

朝マヅメの時間帯

朝マヅメとは一般的に色々な意見がありますが、私は日の出の前後2時間ぐらいと考えています。

朝の堤防タコ釣りは、この朝マヅメの時間帯が最もタコの釣果が出やすい時間帯です。

 

夕マヅメのチャンスは長い

f:id:sasaki07takefumi05:20190702184537j:image

堤防タコ釣りの夕マヅメとは、日没前後2時間くらいのことで、堤防タコ釣りで一番チャンスが長いオススメの時間帯です。

 

朝マヅメは長くても4〜5時間ぐらいで、堤防付近のタコは海底が明るくなると岩陰などに隠れてしまうため、朝の9時ぐらいにはアタリもなくなりチャンスタイム終了となりますが、夕マヅメは日没からが勝負開始です。

 

夕マヅメは日没からが本番

朝マヅメと違い夕マヅメは、日没からのナイトゲームが本番です。

タコは夜行性のため日没後は、岩陰から出て堤防付近を餌を探して徘徊しています。

 

そのため朝マヅメよりチャンスの時間が長く、夜中の時間帯であっても、堤防タコ釣りは十分釣果に期待ができるのが特徴です。

 

www.fumitiyo.com

 

大型のタコは夜釣りが狙い目

f:id:sasaki07takefumi05:20190702184429j:image

堤防タコ釣りでは、朝マヅメが最も釣果が出やすくて釣りがしやすいと説明しました。

しかし夜のタコ釣りは大型が多いという特徴があり、私は絶対に夜釣りをオススメします。

 

タコは夜行性であり、とくに真夏の産卵時期などは、大型のタコが夜の時間帯に堤防付近の浅場に入ってきます。

 

夜釣りの堤防タコ釣りは、朝マヅメに負けず劣らず、釣果が非常に期待できる狙い目のゴールデンタイムなのです。

 

www.fumitiyo.com

 

終わりに

f:id:sasaki07takefumi05:20190702184131j:image

堤防タコ釣りの素朴な疑問について私なりにまとめてみますと、朝マヅメも夜釣りもどっちも釣果は十分期待できますが、大型を狙うなら夜が一番良いです。

 

朝マヅメは堤防周辺にいるタコの反応が非常に良く、涼しくて釣りもしやすいですが、チャンスの時間は夜釣りより短い。

 

このように朝と夜の堤防タコ釣りでは、それぞれに特徴があり絶対に○○」とは言いきれず、ポイントやその日の潮やタイミングなどで変わります。

 

しかし最後に私の経験から言わせてもらうと、圧倒的に夜釣りの方がオススメです。

ハイシーズンは入れ食い連発です。

 

それと夜釣りは夢があります。

 

3キロを超えるようなモンスター

今年も狙っていきましょう。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク