Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

堤防アコウ釣り!大型を狙う仕掛けと入れ食いワームカラー!

f:id:sasaki07takefumi05:20190704171852j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

先日、堤防アコウ調査に行ってきました。

 

やはり6月中旬からが堤防アコウ釣りのシーズン開幕です。

サイズはどれも小ぶりでしたが、数はまぁまぁ釣ることが出来たので、この時期にしては満足できました…(全部リリースサイズ 涙)

 

朝マヅメの一発目に巨大なエイの洗礼を受けてしまったことが何とも歯痒いかぎりではありますが、この時期は仕方がないですね。

 

さて今回は、堤防アコウ釣りで大型を狙う仕掛けと入れ食いワームカラーについてご紹介していきたいと思います。

 

www.fumitiyo.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

ゴリ巻きに耐えるタックル

f:id:sasaki07takefumi05:20190704181039j:image

堤防アコウ釣りは、パワー勝負が鉄則です。

メバルロッド以上ならば、大型アコウにもなんとか太刀打ちできます。

 

間違っても「いい引き〜、最高〜」なんてドラグ緩めで、じっくりやり取りなんかしていたらアコウは簡単に根に潜ります。

 

絶対に潜らせないためには、竿が折れないギリギリのドラグ設定とラインブレイクしないバランスの良いラインシステムが大切です。

 

ドラグ設定とラインシステム

堤防アコウ釣りの仕掛けの基本は、まずはラインシステムから決めましょう。

  • スピニングリール3000番
  • P.E.ライン1号
  • リーダーフロロ2.5号

大型のアコウの突っ込みに耐えるには、ギリギリでもこのぐらいの仕掛けのパワーが必要です。

 

ドラグの設定は使用するロッドによって調整してください。

私は年中エギングロッドMを愛用しているので折れそうなギリギリに、仕掛けを手で引っ張りながら調整しています。(慣れないと少し危ないです。)

 

ここまでしっかり調整すれば、ゴリ巻きに十分耐えられるタックルの完成です。

 

www.fumitiyo.com

 

ジグヘッドとワームカラー

f:id:sasaki07takefumi05:20190704183859j:image

堤防アコウ釣りの仕掛けのジグヘッドは、7〜15gぐらいが使いやすく、オフセットジグヘッドがオススメです。

ポイントの状況に合わせて、ボトムが取りやすい重さの仕掛けを選びましょう。

 

アコウは根が多く、険しい駆け上がり付近を好む魚です。しかも潮の流れの速い場所で水深のあるポイントが最高です。

根掛かりしやすい仕掛けでは、まず攻略不可能だと私は考えているからです。

 

ジグヘッドのフックは太め

アコウの仕掛けの基本はパワーです。

ジグヘッドのフックも、曲がりやすい細いものはNGです。

 

必ず太めのフックのジグヘッドを使いましょう。

アコウの突っ込みは簡単に、ジグヘッドフックをへし折るパワーを持っています。

 

入れ食いワームカラー

f:id:sasaki07takefumi05:20190704185301j:image

アコウが最も反応が良いカラーは、やはりレッドカラーです。(右から2番目)

 

朝から晩までこのグラブワームのカラーだけでも、アコウの魚影の濃いポイントならば入れ食い連発のカラーです。

 

バグアンツ磯がにカラー(右端)もアコウが大好きなワームカラーですが、仕掛けが潮の流れの影響を受けやすく潮の流れの速い時間帯では、フォールさせづらいので少し反応が弱いです。

 

この仕掛けを使う場面は主に、潮の動き始めや潮止まり前の時間帯などで、潮が緩い時間帯に入れ食いになるワームカラーの一つです。

 

ようするにフォールがゆっくりになる」ということです。

 

スポンサーリンク

ナイトゲームのワームカラー

f:id:sasaki07takefumi05:20190704204949j:image

ナイトゲームはピンクカラーの仕掛け一色で十分釣果が期待できますが、グラブワームのレッドやクリアカラーなど色々仕掛けをローテーションしてみるのも、釣れないときの暇つぶしになっていいかもです。

 

ナイトゲームでは、とにかくアコウに仕掛けのワームを見つけてもらうことが最も重要です。

 

www.fumitiyo.com

 

終わりに

f:id:sasaki07takefumi05:20190704193313j:image

アコウが仕掛けに喰いつく場合のほとんどが、反射喰いによるものです。

 

その反射喰いが最も多い入れ食いカラーは、朝マヅメや夕マヅメなどの日中ならば、グラブ系のレッドカラーとバグアンツ磯がにカラーなどのクロー系が最も反応が良いワームです。

 

潮の流れの速さに合わせてワームを使い分けることで、リフトしてからフォールのスピードを調整できますので、堤防アコウ釣りではかなり重要なポイントと私は考えています。

 

ナイトゲームでは、グラブ系のピンク一色でも十分に釣果は期待できますよ。

 

色々とローテーションすることも良いかもしれませんが、ワームカラーを変えて釣れることよりも一投でも多くキャストすることの方が、堤防アコウ釣りでは釣果に繋がる大切なポイントですよ。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

www.fumitiyo.com

 

スポンサーリンク