Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

エギングロッドでアジング!弾かれないフッキングとアクション!

f:id:sasaki07takefumi05:20190810185935j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

アジングの楽しい季節になってきましたが、アジングロッドを買うか悩んでる方に朗報です。

 

現在お使いのエギングロッドでもアジングは可能です。

 

ただし、いくらエギングロッドが万能ロッドと言っても限界はあります。

 

さて、今回はエギングロッドでアジングをやるときのポイントやコツについてご紹介させていただきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

弾かれないフッキングのコツ

f:id:sasaki07takefumi05:20190810214444j:image

エギングロッドでアジングをやるときに必ず起こる現象がありまして、それはアジが乗らない、針に掛からないという現象が起こります。

 

この現象はいわゆるフッキングが弾かれたと言いまして、アタリはあるが掛からないときに弾かれるというふうに表現しています。

 

なぜ弾かれるのか?

それはエギングロッドのティップ(竿先)がアジングには硬すぎるためです。

 

アジは、ワームを海水と一緒に口の中へ吸い込んでアタリが出ますので、ワームを口の中へ吸い込みきれずに弾かれるということが起きてしまっているんです。

 

テンションを抜くフッキング

アジにワームを弾かれてばかりで一向に釣れない、アタリはあるが掛からない。

 

この場合ロッドのティップをアタリの発生しそうなタイミングで送り込みましょう。

ほんの一瞬だけラインテンションを抜いて、ワームにかかる抵抗を抜くことで、アジの口の中にしっかりワームが吸い込まれます。

 

アタリがあるけど釣れない場面で、是非やってみてください。

 

エギングロッドでも可能なアクション

f:id:sasaki07takefumi05:20190810193616j:image

エギングロッドでアジングの場合、ジグヘッド1g〜1.2gにワームのスタイルが最も釣りやすい仕掛けです。

 

エギングロッドでアジングをやる場合は、このジグヘッドの重さがロッドで感知し辛いのがハードルの高さです。

 

ワームジグヘッドをキャストして

  1. ゆっくりただ巻き
  2. ゆっくりただ巻きからリフト&フォール

このアクションを表層、中層、ボトム付近と丁寧に探りましょう。

 

この他にもアジングのアクションは沢山ありますが、慣れるまではまず基本のアクションで何度も釣果を重ねてエギングロッドでねアジングのコツを掴んでから色々なアクションにチャレンジすることをオススメします。

 

 

終わりに

f:id:sasaki07takefumi05:20190810211648j:image

いかがでしたか。

エギングロッドでもアジングは十分にできます。

基本となるアクションをマスターして、アタリのタイミングさえ掴んでしまえばエギングロッドで釣れない魚など存在しません。

 

少し大袈裟ではありましたが、エギングロッドは万能ロッドの代表です。

 

是非エギングロッドでアジングをして、堤防にアジの大雨を降らせましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク