Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

カワハギはエサ取り名人!カワハギ釣りの仕掛けと合わせ方のコツ!

f:id:sasaki07takefumi05:20190906183519j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

カワハギ釣りのベストシーズンが遂に到来しましたね。

 

カワハギの肝が最も大きくなり、非常に美味しくなるこの季節。

地域によって差があり9月〜1月ぐらいまで続くそうですが、カワハギ釣りで1番厄介なのはエサ取りではないでしょうか。

 

エサ取り名人のカワハギは、あのおちょぼ口とニッパーのように鋭く強い歯で、上手にエサだけをついばんで針にはなかなか掛かりません。

 

さて今回は、そんなエサ取り名人をしっかり針に掛ける為の合わせ方のコツとカワハギ釣り専用の仕掛けについてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

www.fumitiyo.com

カワハギ釣りの合わせ方のコツ

f:id:sasaki07takefumi05:20190906220349j:image

カワハギ釣りの合わせ方のコツは、誘い方にあります。

カワハギはホバリング(その場に停止して)しながらエサを食べる魚なので、とにかくエサを上下に動かして簡単に咥えさせないことが大切です。

 

仕掛けを海底まで投入して、アタリを感じたら海底から30cmぐらい3回〜5回ほど上下に動かしたのち、再び海底に沈めて仕掛けをピタリと止めてみてください。

 

先程までの「コツコツ」のアタリではなく、突然「グググッ」とロッドの先が入る本アタリが一発で出ます。

 

焦らしの誘いです。

焦らして焦らして、ピタリと仕掛けを止めると一気に食い込む。

心理戦ですね。

 

合わせると言うよりは、持ち上げるだけでカワハギの方から針に勝手に掛かってくれる感じです。

これがエサ取り名人を翻弄する、カワハギ釣りの合わせ方のコツです。

 

www.fumitiyo.com

カワハギ専用の仕掛けがオススメ

f:id:sasaki07takefumi05:20190906220546j:image

カワハギ釣りでは必ずカワハギ専用の仕掛けを使用しましょう。

カワハギ専用の仕掛けには、カワハギの口に入りやすい形状の針が使用されています。

 

f:id:sasaki07takefumi05:20190906220847j:image

ハゲ鈎と言いまして、鈎の先が若干外向きに開いています。

この開いた鈎先がカワハギのおちょぼ口に「スポン」と入りやすく、エサ取りを防止してくれるのでとてもオススメですよ。

 

カワハギ釣りでは必ず専用の仕掛けを使用すると、エサ取りが格段に減って、釣果は必ずアップしますよ。

www.fumitiyo.com

 

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20190906221936j:image

いかがでしたか。

カワハギ釣りの合わせ方のコツや、カワハギ専用の仕掛けについてご紹介させていただきました。

 

カワハギ釣りでは、とにかくエサ取り対策が釣果に影響しますので、上の画像のような疑似餌を使うとさらにエサ取りが減って釣果がアップしますよ。

 

パワーイソメはエサ持ちが非常に良いので、今回ご紹介した合わせ方のコツと非常に相性が良く、これからカワハギ釣りを始める方に是非オススメします。

 

カワハギ釣りは、エサ取りを攻略する為の駆け引きが本当に楽しくて、のめり込みやすい大変人気な釣りの一つです。

 

www.fumitiyo.com

今回ご紹介した記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク