Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

秋イカエギング!エギサイズとカラー選択が釣果アップへの近道!

f:id:sasaki07takefumi05:20190924175038j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

令和元年9月下旬、あっと言う間に今年も残すところあと3ヶ月となってまいりました。

夏が終わって気温も落ちつき、すっかり秋イカエギングがしやすい時期となりましたね。

 

初夏に生まれた新子と呼ばれるイカの子供達が、堤防周辺の浅場で餌をモリモリ食べて驚くほどの早さで成長するこの秋イカシーズン。

 

さて今回は、そんな秋イカエギングシーズンで意外と大切なエギのお話。

秋イカエギング!エギサイズとカラー選択が釣果アップへの近道!」についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

www.fumitiyo.com

秋イカのサイズに合わせたエギ選択

f:id:sasaki07takefumi05:20190924114028j:image

秋イカエギングで一番気をつけたいことは、使用するエギのサイズ号数です。

春の親イカシーズンとは、釣れるイカのサイズが圧倒的に違う点に気をつけてエギのサイズを選びましょう。

 

9月頃の秋イカは、自分の大きさと同じぐらいのエギサイズでも積極的にアタリますが、あくまでもイカの活性が高いときの話です。

 

活性の低い場合だとイカの近くでシャクリを入れると、驚いて墨を吐いてその場所から逃げてしまいます。

 

このことから考えて、9月頃の秋イカに使うエギサイズは2.5号と小さめのエギがイカの活性にかかわらず最も丁度良いエギサイズとなります。

 

10月〜11月のエギサイズ

初夏に生まれた新子は10月〜11月頃になると、かなり成長していて1キロ近い大きさのイカ(アオリイカ)も釣れ始めます。

 

この頃からエギサイズを2.5号から3号〜3.5号にチェンジして、飛距離やアピール力を高めて秋イカエギングを展開すると釣果アップにつながりますよ。

 

秋イカエギングのエギカラー選択

f:id:sasaki07takefumi05:20190924162644j:image

秋イカエギングのエギカラー選択とは、時間帯や天候などによって基本的に2つのカラーを使い分けることが、秋イカの釣果アップへの近道です。

 

朝夕マヅメのエギカラー

朝マヅメや夕マヅメといった光の少ない時間帯では、ピンク系やオレンジ系の派手なアピールカラーに釣果が集中しやすくオススメのカラーです。

 

日中真っ昼間のエギカラー

日中真っ昼間のエギカラーは快晴であれば、ブルー系やシルバー系のようなナチュラルなカラーが圧倒的に釣果があるエギカラーです。

 

曇りや雨の日のエギカラー

秋イカエギングで爆釣になりやすいのが、この曇りや雨の日は一日中ピンク系やオレンジ系のエギカラーどちらか一色で十分な釣果が狙えます。

 

曇りや雨の日は海中の活性が高くなる傾向があり、このような状況では一日中釣れ続けるような状況になることもあり狙い目です。

 

www.fumitiyo.com

秋イカエギング夜釣りのエギカラー選択

f:id:sasaki07takefumi05:20190924175222j:image

秋イカエギングシーズン(10月〜11月)の夜釣りは、大型のアオリイカを狙いやすい時間帯でもあり使用するエギカラーの選択が釣果アップへの近道です。

 

基本的にはピンク系やオレンジ系のド派手なカラーで十分狙えますが、レッド系のカラーに黄色の派手なラインのエギカラーなども実績のあるオススメカラーです。

 

常夜灯周辺や月夜の明るい夜などでは、エギの下地のテープのフラッシングは重要なアピール要素です。

 

下地のテープカラーがポイント

常夜灯周辺や月夜の明るい夜などでは、エギの下地のテープのフラッシングは重要なアピール要素です。

夜釣りであっても少しでも光がある場合には、下地のテープのカラーが釣果アップの重要なポイントなので慎重に選びましょう。

相性の良い組み合わせは次のようになります。

  1. ピンク系カラー+赤テープ
  2. オレンジ系カラー+金テープ
  3. レッド系カラー+赤テープ

組み合わせは色々ありますが、レッド系カラーのエギに下地の赤テープの組み合わせは、私の秋イカエギング夜釣りで一番信頼するオススメのエギカラーです。

 

色々試してみて自分の信頼する鉄板エギカラーと下地のテープカラーの組み合わせを見つけてください。

 

www.fumitiyo.com

終わりに

f:id:sasaki07takefumi05:20190924182413j:image

いかがでしたか。

秋イカエギングではアオリイカやコウイカなどがベストターゲットですが、地域によっては上の画像のような6キロを超える巨大なイカ(ソデイカ)が釣れることもあります。

 

タモ網だとランディング時にかなり苦戦しますので、ギャフがあるととても便利ですよ。

秋イカエギングは、近年の温暖化の影響もあってなのか海水温がなかなか下がらず、12月〜1月頃まで狙える地域も珍しくありませんので、多少気温は低くてもチャンスは十分にありますよ。

 

それでは、今年も秋イカエギングで堤防にイカの雨を降らせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

www.fumitiyo.com

スポンサーリンク