Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

チニングは冬でも狙える!冬場の仕掛けと狙うレンジやアクション!

f:id:sasaki07takefumi05:20191015165049j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

春から秋にかけてが堤防チニングの一般的なシーズンですが、今回は冬の時期でもチニングでチヌは狙えるのか?

この疑問を解消するために、私なりではありますが少しご紹介させていただきます。

 

冬の堤防周辺の海は低水温な釣り場がほとんどで、魚はそのような低水温を嫌って沖の深場へ移動してしまいます。

これが冬に堤防から魚が釣れにくい理由の一つで、チニングの釣果が著しく下がる理由でもあります。

 

スポンサーリンク

 

www.fumitiyo.com

冬場のチニングはポイント次第で狙える

f:id:sasaki07takefumi05:20191015175316j:image

冬場のチニングではポイント次第では、チヌは狙えます。

チヌは基本的に浅場を中心に生活する習性があり、沖の深場へ移動する個体もいますが中には堤防周辺の浅場に居着く個体も多く、冬場のチニングではそのようなチヌをピンポイントで狙って釣ることがポイントです。

 

工場近郊の湾内

工場近郊の湾内の堤防周辺などは、工場から出る排水などの影響もあり他の浅場のポイントよりも比較的に海水温度が高いポイントが存在します。

このようなポイントが冬場のチニングでは一級ポイントになりやすく、積極的に狙っていくべきポイントとなります。

 

工場近郊の汽水域

深場の堤防チニングでは、工場近郊の川から海に流れ込む汽水域もかなり期待できるポイントです。

このような汽水域のポイントでも海水温度が他の浅場のポイントよりも若干高く、居着きのチヌが冬場を過ごすポイントになりやすいので、しっかり狙っていきましょう。

 

冬場のチニングは仕掛けと狙うレンジやアクションが重要

チニングの冬場の仕掛けは、ボトムをじっくり狙える仕掛けが最も有効な仕掛けとなります。

この冬場の時期はボトムの小さなカニやシャコなどがチヌのメインベイト(餌)になる為、ボトムをゆっくり移動する生き物をイメージしてベイトによく似たワームやカラー動き、アクションを意識することが重要なポイントです。

 

ジグヘッドでボトムズル引き

f:id:sasaki07takefumi05:20191015173355j:image

冬場のチニングの仕掛けはジグヘッドとワームでじっくりとゆっくりボトムズル引きさせて、チヌにしっかり見せることが大切です。

 

深場のチヌはあまり早いアクションには反応しないので、ボトムズル引き中に3秒くらいステイ(止める)を入れるなどチヌが食いつく間を取ったりするとアタリが突然出たりしますよ。

 

ボトムの砂煙を意識しよう

冬場のチニングでは、仕掛けが必ずボトムレンジに密着しながらズル引きするように意識して、仕掛けが海底の砂煙を上げるように意識を集中しながらアクションしましょう。

 

食い気のあるチヌはボトムの砂煙に敏感に反応するようで、砂煙が舞うと近づいて確認する習性があるらしくとても重要なポイントです。

ズル引き中は意識を集中して砂煙が立ちやすいようなイメージを持ってアクションするようにすると釣果に繋がりやすくなりますよ。

 

www.fumitiyo.com

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20191015175214j:image

いかがでしたか。

チニングはポイント次第では、年中チヌが狙える非常に奥が深かい釣りです。

その為チヌが釣れたときの喜びは計り知れないほどですよ。

 

冬場のチニングのアタリは、ワンチャンスが基本なのでアタリの「掛け損ねやすっぽ抜け」は致命的なミスです。

焦らずにじっくり食い込みを確認してから合わせを入れるように注意してください。

 

www.fumitiyo.com

冬場の堤防は非常に寒さが厳しく、防寒対策には十分に注意して暖かいコーヒー休憩を入れるなどしながら身体に無理のないようにしましょう。

 

それでは、今年も冬の堤防にチヌの雨を降らせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

www.fumitiyo.com

スポンサーリンク