Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

冬の岸釣りならヒラメがおすすめ!鉄板ワームカラーと誘い方のポイント!

f:id:sasaki07takefumi05:20200117165545j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

冬は嫌ですよねー。

寒いだけならまだしも岸から釣れる魚が激減するため、すっかりテンションも下がり夕マヅメに突撃しようにも、ついついコタツの誘惑に負けてしまってテレビを観ながらビールを飲んで過ごす毎日の繰り返し、「明日こそ必ず行くぞ。」

 

さて今回は、そんな釣りものの激減する冬の岸釣りについて「冬の岸釣りならヒラメがおすすめ!鉄板ワームカラーと誘い方のポイント!」

と題しまして、私の実釣記録を交えながら詳しく解説させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

冬の岸釣りならヒラメがおすすめ

f:id:sasaki07takefumi05:20200117215236j:image

冬は岸周辺の浅場の海では、気温の低下にともない海水温度も低下するため、ベイトとなる小魚や小さなカニやエビといったものの姿をあまり見かけなくなります。

 

冬の岸釣りでは、このような影響から狙える魚種も少なく限られてしまいますが、冬の浅場の岸釣りでもタイミングさえ合えば狙える魚がいますよ。

ヒラメです。

岸釣りで一番の高級魚として人気の高いヒラメは、年中狙えるおすすめの魚です。

 

ヒラメは冬の低水温でも浅場の岸周辺に入ってくることが頻繁にある魚ですが、そんな中でも特に釣果の出やすい時間帯やヒラメが岸周辺に入ってくるには条件があります。

  1. 小魚の群れの回遊ポイント。
  2. 砂地や泥砂底で起伏に富んだポイント。
  3. 生活用水や工場排水などの影響を受けやすいポイント。

1.の小魚の群れの回遊ポイントとは、冬でも小イワシや小アジがサビキ釣りなどで釣れるポイントです。

サビキ釣りに限らず目視で小魚の群れが確認でき、しかも小魚の群れがしばらく滞在するようなポイントならば、かなり釣果に期待が持てますよ。

 

2.の砂地や泥砂底で起伏に富んだポイントとは、一般的に出入りの多い船着場などです。

このようなポイントは、舟道が窪み緩やかな駆け上がりに形成されているケースが多く、ヒラメが好む地形の一つですよ。

 

3.の生活用水や工場排水などの影響を受けるポイントとは、冬の低水温の岸周辺でもこのようなポイントは海水温度も若干高いため、プランクトンが沢山溜まりやすく当然このようなポイントには小魚なども溜まりやすいので、冬のヒラメの岸釣りでは狙い目のポイントですよ。

 

冬のヒラメは朝マヅメと夕マヅメ

f:id:sasaki07takefumi05:20200117215119j:image

これは岸釣りの私の経験でもありますが、やはり冬のヒラメの岸釣りでは朝マヅメと夕マヅメに釣果が多く、日中の昼間でも釣れたこともありますが、圧倒的に朝マヅメと夕マヅメにヒラメは釣れています。

 

これには、やはりベイトの回遊する時間帯なども関係しているようで、冬の岸釣りでは基本的に日中の昼間はベイトは非常に少ないですが、朝マヅメや夕マヅメの時間帯になると突然回遊してきたりすることを何度も経験しています。

この小魚の回遊してくるタイミングでヒラメが釣れることが非常に多く、冬の岸釣りでヒラメを狙うには朝マヅメか夕マヅメが絶対におすすめですよ。

 

www.fumitiyo.com

ヒラメの鉄板ワームカラーと誘い方のポイント

f:id:sasaki07takefumi05:20200117215014j:image

ヒラメをワームで狙う場合にワームの形状やカラーを選ぶのは悩みますよね。

基本的にどんなワームの形状やカラーでも、ヒラメの射程距離内にワームを通すことができれば大抵アタリが出ますので、どんなワームでも良いのですがキャスト距離、根掛かり回避率、アクションのしやすさなどを考慮して選べば、手返しも早くなりその分チャンスも広がりますよ。

 

上の画像はキジハタグラブと言うエコギアさんから発売されているワームです。

ヒラメの岸釣りで鉄板ワームと言えば、まさにこのワームカラーが鉄板です。

長年愛用していますが、キャストの飛距離も伸びますし、根掛かり回避率も非常に高く、アクションのしやすさも抜群のワームですよ。

 

リフト&フォール

岸釣りでヒラメをワームで狙う場合は、リフト&フォールでアタリを誘いますが、冬はヒラメの活性も低いため餌を追いかけて捕食するようなことはありません。

 

冬のヒラメはワームをあまり高くリフトしないことが誘い方のポイントですよ。

ボトム30㎝〜60㎝付近を徹底的に意識してアクションすると非常に効果的です。

 

ただ巻きリフト&フォール

合わせを入れやすいロッドポジションをキープしながら、リールを素早く3回転巻き→フォール。

このただ巻きリフト&フォールもヒラメに有効な鉄板アクションの一つです。簡単でしかも疲れないアクションなので超おすすめな誘い方ですよ。

 

www.fumitiyo.com

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20200118145409j:image

いかがでしたか。

「冬の岸釣りならヒラメがおすすめ!鉄板ワームカラーと誘い方のポイント!」について解説させていただきたいました。

冬のヒラメの潮や時間帯、ベイトの回遊のタイミングなど色々な条件が重なると突如として大チャンスが訪れます。

 

www.fumitiyo.com

冬の岸釣りでは、なかなか釣果に恵まれませんが今回ご紹介した記事の内容が、少しでもヒラメの岸釣りの釣果アップの参考になれば幸いです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。