Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

タコ釣り初心者にも扱いやすいオススメの兼用タックルと仕掛け!

f:id:sasaki07takefumi05:20200318174955j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

タコはスーパーで茹でタコ足一本300円です。g単価で言えば国産なら390円/g 輸入品なら290円/g程度で売られています。

堤防から釣れるタコのサイズは600g程度のサイズがアベレージサイズ。このぐらいのサイズでも国産の活きタコとなれば軽く2000円程度します。

国産のタコは高級品なんですね。

さて今回は、そんな高級なタコを堤防などから自らの力で釣り上げるために"タコ釣り初心者にも扱いやすいオススメの兼用タックルと仕掛け!"と題して、これから堤防タコ釣りをマスターしようとしていらっしゃる初心者の方へ分かりやすくご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

タコ釣り初心者にも扱いやすいオススメの兼用タックルと仕掛け

タコ釣りとは、エギングロッドやシーバスロッドを兼用してもまったく問題はありませんが、タコ釣り初心者の方は"タコ釣りとは一体どんな釣りなのか"をある程度習得するまでは、専用のタックルと仕掛けで行う方が安心と言えます。

しかし、タコ釣り以外の釣りも一つのタックルで楽しみたいと考える方は、初心者の方に限らず多くいらっしゃると思います。"エギング、ジギング、シーバス、チニング、ロックフィッシュ、ヒラメ"など堤防のルアーゲームを一つのタックルで楽しむことができる、バランスのとれた信頼できるものを今からご紹介します。

 

バランスの良い兼用タックル
  • エギングロッドM(ミディアム)←硬さ
  • リール3000番
  • P.E.ライン1号〜1.2号
  • リーダー2号〜2.5号(フロロカーボン)
  • スナップ有り

上記のタックルがバランスの良い兼用タックルです。タコ釣りはもちろんエギング、ジギング、シーバス、チニング、ロックフィッシュ、ヒラメなどにも対応できるタックルです。

初心者の方は、釣りの知識をある程度習得してから、それぞれの専用タックルを揃えるようにした方が"より専用のタックルの良さ"が分かるはずなので、釣りに慣れるまでは上記の兼用タックルが絶対にオススメですよ。

 

www.fumitiyo.com

初心者にオススメの仕掛け

f:id:sasaki07takefumi05:20200318170943j:image

タコ釣りでは、仕掛けをズルズル引きずる"ズル引き"という誘い方を中心に狙っていきます。そのため根掛かり対策のなされた仕掛けでないと釣りになりません。

そこで初心者の方にオススメなのが、デュエルさんから発売されている"タコやん"根掛かり対策バッチリのとても扱いやすい仕掛けです。

タコやん本体に浮力があり、"海底で数センチ浮いた状態"でズル引きできることが根掛かりしない1番の理由です。

 

オススメのカラー色

タコは赤と白が大好きなカラー色と昔から言われていますので、どれか一色選ぶなら迷わずオススメなのは上の画像の"白にピンクライン"のカラーです。

日中の釣りはもちろん、夜釣りでも実績の高い鉄板カラー色ですよ。

 

オススメの誘い方

タコやんの性能が最も発揮できる誘い方は、ズル引きの誘い方です。そして、ズル引きからその場に放置する"ボトムステイ"がタコの捕食スイッチを刺激する誘い方です。

さらに、ボトムステイ中にロッドのティップ(竿先)で軽く「チョンチョン」すれば"ボトムシェイク"というさらに効果の上がる誘い方ができます。

初心者の方でも簡単にマスターできるとってもオススメな誘い方ですよ。

 

www.fumitiyo.com

おわりに

いかがでしたか。

"タコ釣り初心者にも扱いやすいオススメの兼用タックルと仕掛け!"についてご紹介させていただきました。

タコ釣りの専用ロッドは特殊です。他の釣りには兼用できないものが多く、タコ釣りしかできないので他の釣りをするには、 また専用のタックルを用意する必要があり道具も沢山増えてかさばります。

タコ釣り初心者の方は、まずお手持ちのロッドに今回ご紹介させていただいたタックルと仕掛けを検討してみることを強くオススメします。

エギングロッドは、あらゆる釣りに兼用可能な万能性に優れたロッドです。"軽くて感度も非常に良く、パワーも丁度良い"タコ釣り初心者の方に扱いやすい要素を兼ね備えているので、お持ちでない場合は是非購入を強くオススメします。

www.fumitiyo.com

釣りタコは本当に美味い。必ずハマりますよ。だってタコ釣り簡単なんです本当に。

それでは、今年もタコの雨を堤防に降らせましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。