Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

タコ釣りは仕掛けで勝負!《巻くだけ超簡単》オススメ最強ルアー!

f:id:sasaki07takefumi05:20200405164632j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

タコ釣りの仕掛けは意外と沢山あって、どれにすれば良いか迷いますよね。餌を使用する仕掛けから最近では、ルアーを使用したオクトパッシングなどが主流となりつつあります。

 

タコ釣りと言えば堤防をゆっくりと移動しながら、この道30年のベテランさん(年配の方)がやってるイメージが強い釣りなんですが、オクトパッシングブームの到来と共に各メーカーから、新しいタコ釣り専用のルアーが毎年発売されています。

 

さて今回は、"タコ釣りは仕掛けで勝負!《巻くだけ超簡単》オススメ最強ルアー!"についてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

 

タコ釣りは仕掛けで勝負!巻くだけ超簡単オススメ最強ルアー!

f:id:sasaki07takefumi05:20200404185416j:image

タコ釣りは根掛かりが起こりやすいことでも有名です。"根掛かり対策"をなされていないルアーは、絶対にオススメできません。

各メーカーから色んな種類のタコ専用ルアーが発売されていますが、そのほとんどのルアーが根掛かり対策がそれほどなされていないように感じます。

 

タコ専用orベイトタックル
  • タコ専用ロッド
  • ベイトリール
  • タコ専用P.E.ライン3〜6号
  • タコやん3.5号

タコ専用のロッドやベイトタックルを代用する場合は、タコに張り付かれてもパワーで真っ向勝負ができる仕掛けが必須になります。

 

スピニングタックル
  • エギングロッドorシーバスロッド
  • リール3000番以上
  • P.E.ライン1号〜1.5号
  • リーダー/フロロカーボン2号〜5号
  • タコやん3.5号

スピニングタックルでは、タコに張り付かせないことが重要です。正確なアタリ感知や合わせのタイミングが勝負の決めてになります。

 

タコやんの性能/最強ルアー

私はタコ釣りでは"タコやん"しか使いません。

根掛かりがほとんど無く、まさにタコ釣り専用ルアーで理想的な性能を備えているのが"タコやん"です。

  1. 根掛かりが少ない。
  2. ボトムを安定してズル引きできる。
  3. アタリを感知しやすい。
  4. 合わせが決まりやすい。
  5. チョイ投げしやすい。
  6. カラーが豊富。
  7. バラしが少ない。

タコやんの性能が優れているところは、根掛かりが少ないことが一番です。ルアー本体に浮力があり、"ボトムから数センチ浮いた状態"を保ちながズル引きができるので、よほどのことがない限り根掛かりすることはありません。

 

"アタリ感知しやすい"タコやんはルアー本体がボトムから数センチ浮いているので、タコがルアーに被さって来た時(アタリ)に"ルアーが数センチ沈む"ためロッドに明確なアタリが出ます。

 

正確なアタリ感知ができれば、必要以上にルアーをズル引きしないで済むので"タコが警戒しない"ので、ボトムに張り付くような防御姿勢をとりません。

 

タコが警戒しないので当然合わせが決まりやすく、タイミングを見計らって大きな合わせ一発"タコに張り付かせる隙を与えません。"タコやんルアーを使用すれば、タコ釣りが簡単でとても楽になりますよ。

 

タコやんルアーは形状が非常にスマートに設計されていて、チョイ投げしても風の抵抗を受けにくくルアーが回転したりする心配がなく、ライントラブルの心配もありません。

飛距離も出しやすくオススメですよ。

 

タコ釣り専用ルアーのタコやんは、カラーが豊富で"朝夕マヅメや夜釣りなどの視界の悪い状況"にも抜群の視認性を実現できるカラーが充実しています。

 

タコ釣りの悩みの一つはバラしです。タコやんは、ルアーのフックは4本あり"中2本が短く外2本が大きな設計"です。

このフックの"大小の違い"が、タコの足に食い込みやすくバラしにくい理由の一つです。

 

最強ルアーの条件

最強ルアーとは、根掛かり対策が万全になされていて、扱いやすく(手返しの良さ)アタリが明確に判別でき合わせが入れやすい。(タコが乗りやすい)さらにバラしが少ないことも最強ルアーの条件です。

これら全ての条件を満たしているタコ専用ルアーはタコやんです。"巻くだけ超簡単なアクション。"タコ釣りでオススメの最強ルアータコやんを是非一度使ってみてください。

 

タコ釣りオススメのカラー

ヨーヅリ(YO-ZURI) エギ(タコ): タコやん 3.5号 REEB: アカエビ

ヨーヅリ(YO-ZURI) エギ(タコ): タコやん 3.5号 REEB: アカエビ

タコは昔から赤と白が大好きな色と言われていて、タコ釣りで信頼できるオススメのカラーは次の4色です。

  • 赤(日中)
  • 白(日中)
  • 黄色(夜釣り)
  • ピンク(夜釣り)

日中と夜釣りで使用するルアーカラーを変えた方が、タコの反応も良く釣果を伸ばせます。

特に夜釣りではド派手なカラーに釣果が集中しやすく、やはり"タコに発見されやすい"ことが一番の理由だと考えられます。

 

日中では、"フラッシング(光の反射)"を利用することが、釣果を伸ばせるポイントで"赤や白"をメインカラーにしながら、フラッシング塗装されたルアーカラーがオススメです。

 

タコやんルアーの誘い方のポイント

タコやんは、冒頭でもご紹介したようにルアー本体に浮力があり30グラム程度の専用のシンカー(重り)が取り付けてあります。

チョイ投げしてボトムに着底すると"その場で安定した姿勢を保ちます"ので、潮流の激しいポイント以外なら放置していても根掛かりの心配はほぼありません。

 

誘い方のポイントは、リールを一定の速さ(1秒/リール1回転)でゆっくりと巻きボトムからルアーが離れないようにすることです。

"超簡単なので誰にでもできる"これがタコやんがオススメ最強ルアーの理由です。

 

夜釣りでは、途中で"リールを止めて(5秒〜10秒)ステイ"と呼ばれるタコ釣りテクニックも非常に簡単にできるタコやんの効果的な誘い方です。

投げて巻く→回収→少し移動→投げて巻く

この繰り返しでタコが釣れるので本当に簡単。これからタコ釣りを始めようと思っている方や"餌釣りからルアーに転向"をお考えの方は、タコやんを是非一度使ってみてください。強くオススメします。

 

タコ釣りの誘い方!簡単にマスターできるおすすめテクニック【総まとめ】 - Taketiyo釣りブログ

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20200405172401j:image

いかがでしたか。

タコ釣りは仕掛けとルアーのバランスが大切です。根掛かりを外しながら、パワー勝負するなら当然タコ専用やベイトタックルが必須になります。

私はエギングロッドにスピニングタックルで、もっぱら堤防タコ釣りに勤しんでいますので、タコやんを必ず使います。

"タコやんはオススメ最強ルアー"です。

根掛かり対策、投げやすいさ、手返しの良さ、アタリ感知能力、合わせやすさ、タコの乗りやすさ、バラし軽減、カラーバリエーション。

 

タコ釣りは仕掛けで釣果に大きな差が出ます。

堤防を移動しながら手数を増やして効率的に釣果を伸ばすには、"パワー勝負よりもスピード勝負が圧倒的に釣果が伸びる"のでオススメです。

タコやんは、近年のタコ釣り人気もあり"夏場のベストシーズンには品薄になる"ほど人気の高いタコ釣り専用ルアーです。

 

特に人気のカラーなどは、タコ釣りベストシーズンが終了してから入荷されるなど残念な思いを経験したこともありますので、タコやんルアーはタコ釣りシーズン前のご購入をオススメします。

 

それでは、今年もまもなく始まるタコ釣りベストシーズン。ご紹介させていただいた内容が少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク