Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

エギングロッドは色々な釣りに兼用OK!タックルも代用すれば無敵になる!

f:id:sasaki07takefumi05:20200411163101j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

釣りを始めるにあたり一番悩むのは、ロッド購入のときですよね。最近では釣りブームの影響のせいもあり、各メーカーから色々な専用ロッドが販売されています。

今回は、この一本さえあれば"色々な釣りに兼用"できる、エギングロッドのことについてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

 

エギングロッドは色々な釣りに兼用OK

エギングロッドは、あらゆる釣りのロッドの中間に位置します。細くて柔らかいロッドから、太くて硬いロッドの"中間の要素"を持っているロッドそれがエギングロッドです。

わかりやすく言えばロッドのパワー、ティップの硬さ、ロッド全体の張りなどが挙げられます。

本来エギングロッドで使用するエギのウエイトは、"2号(6g)〜4.5号(32g)"で、これだけ広い範囲のルアーに兼用できるロッドはエギングロッドのほかにはありません。

 

メバリング

3gのジグヘッドもコツを掴めば使用可能です。

キャストして、"タダ巻きの釣り"ならメバリングにも兼用できます。

エギングロッドをメバリングに兼用する場合、メバルのアタリに対して合わせを入れずに、逆にエギングロッドを軽く握ってメバルに"ロッドを持っていかせる"ようにするとフッキングが弾かれにくいですよ。

スポンサーリンク

 

 

ヒラメ/アコウ/チニング 

f:id:sasaki07takefumi05:20200411163149j:image

ワームを使用したヒラメ、アコウ、チニングもエギングロッドなら兼用できます。

ヒラメやアコウは狙うレンジがボトム中心なので"反射喰い"をさせるリフト&フォールがメインの誘い方となります。

 

ヒラメ釣り、アコウ釣り共に、使用するジグヘッドは5g〜18g程度がベストウエイトになり、まさにエギングロッドで兼用するにはピッタリなんです。

63cmの真鯛や55cmのアコウの引きにも負けずに対抗できたので、パワー負けの心配もありせんよ。

 

問題はチニングです。

チニングは"ついばみ系"のアタリを掛けて行くのがメインになるたも、ズル引きが基本的な誘い方になります。

コツを掴めば簡単です。「ゴツゴツゴツ」と仕掛けのワームでボトムの感触を"ロッドのティップで感じながら"一定の速度でリールを巻きゆっくりと仕掛けのワームをズル引くだけです。

 

始めはなかなかうまくいかないのが、このチニングなんです。エギングでエギのボトム着底やイカの非常に小さなアタリを"明確に感知"できるようになれば、チニングのチヌのアタリやボトムのズル引きも簡単に感じるようになりますよ。

 

ここさえクリアすればエギングロッドはチニングでも兼用できます。これをクリアしないでチニング専用ロッドで、チヌに挑んでも結果は同じです。結局のところ"エギングロッド一本さえあれば十分"というわけなのです。

もちろん、色々な釣りに専用ロッドを買い揃えるのが好きな方は、それに越したことはないと言えますね。

 

色々な釣りに代用できるタックル

色々な釣りに代用できるタックルとは、全ての魚種に対して対応できる"平均的でバランスの取れた"タックルです。

 

オールシーズンを一つのタックルで色々な釣りを楽しむことができ、道具も少なくて経済的かつとってもエコロジーなんですよ。

  • エギングロッドM/ML 83〜86ft
  • リール3000番
  • ライン0.8号〜1号
  • リーダーフロロ2号〜2.5号
  • スナップ有り

私が実際に使用している代用タックルです。

春イカ→チニング、真鯛→夏アコウ、マダコ→秋ヒラメ、新イカ→冬ヒラメ、ソデイカ、コウイカ

一年を通して上記のタックルを代用して、その時期に狙いやすい魚種を色々釣ってます。

取り変えるところ仕掛けの部分だけなんで楽だし、道具も少なくて済むので機動力が上がりランガンスピードもMAXです。

エギングロッドを色々な釣りに兼用して、さらにタックルも一つで代用すればまさに無敵になった気分になれますよ。

 

エギングロッドで釣りを極める

ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング エメラルダス(アウトガイド) 83ML エギング 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング エメラルダス(アウトガイド) 83ML エギング 釣り竿

 

何年も使い慣れたエギングロッドは無敵です。

エギングロッドは軽量で疲れにくく、取り回しも楽で非常に扱いやすいロッドです。ルアー操作もしやすく"感度が非常に鋭い"平均以上のパワーもあり思わぬ大物魚種に遭遇しても、慌てさえしなければ問題なく対処できます。

 

色々な釣りに兼用して使い慣らしたエギングロッドなら、専用ロッドでも"感知できないアタリやボトムの地形の感触を掌握できる"ので、釣りを極めれば極めるほど他のロッドが使い辛くなります。

エギングロッド色々な釣りに幅広く兼用できる"無敵のロッド"なのです。

 

エギングロッドMとML

ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング リバティクラブ エギング 862M エギング 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド スピニング リバティクラブ エギング 862M エギング 釣り竿

 

エギングロッドを兼用ロッドにする場合に2つの選択肢があります。

乗せる釣りなのか?掛ける釣りなのか?

この2つを選ぶポイントは好みが分かれます。ある程度、魚の"向こう合わせ"を狙うのか、一方でアタリに対して積極的に即合わせを入れ、こちらから掛けていくのが良いのか。

 

このときにもチニングが題材になりますが、ズル引きでチヌ(鯛系)のアタリは"ついばむアタリ"ゴツゴツやゴゴゴっといったものが多く、前アタリから本アタリに変化するタイミングを合わせるのが醍醐味となります。

 

①エギングロッドML特徴は、ロッドのティップが割と柔らか目なロッドです。 "乗せる釣り"

②エギングロッドMの特徴は、ロッドのティップが割と硬めなロッドです。"掛ける釣り"

 

チヌ(鯛系)の前アタリに対して、エギングロッドMLならティップの"しなり"の分だけ食わせやすく、エギングロッドMならロッドのティップをわずかに"送り込み"ながら、積極的な合わせが必要。この違いです。

 

①②どちらを選ぶかはあなた次第です。

 

www.fumitiyo.com

おわりに

いかがでしたか。

"エギングロッドは色々な釣りに兼用OK!タックルも代用すれば無敵になる!"についてご紹介させていただきました。

 

エギングロッドを色々な釣りに長年愛用すると他のロッドが頼りなく感じるようになります。

もちろん、ブリやランカーサイズのシーバスなどは岸に寄せるのに結構苦労はしますが、やり取りの時間をかけても"ラインブレイクされる心配のないポイント"ならば釣りゲームとなんら同じですよ。(迫力はハンパないです。)

 

ゆっくりと魚の体力を奪いながら、少しずつ少しずつ弱らせて慎重に足元まで浮かせるだけの話です。"急な突っ込み"を警戒しながら、ドラグは締め過ぎないよう(ロッドが折れない、ラインが切れない設定。)注意していれば大抵の魚は必ず獲れます。

 

「ヤバイ、もうヤバイ。」このギリギリのやり取りを制したときの喜びは本当にヤバイですよ。

 

www.fumitiyo.com

兼用ロッド選びは慎重に行いましょう。

これから色々な釣りをするために、兼用できるエギングロッドのご購入を悩んでいらっしゃる方に、今回の記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク