Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

エギングロッドの限界を正しく知ろう!どうにも獲れない海の怪物モンスター!

f:id:sasaki07takefumi05:20200411163101j:plain

エギングロッド|真鯛60cm 3.2キロ


たけちよ釣りブログへようこそ。

エギングロッドは万能なロッドとして知られていますが、海釣りでは想定外な怪物モンスターに遭遇してしまう場面もあります。

ブリ、サワラ、スズキ、アコウ、真鯛、チヌなど多少重量のある魚であっても、エギングロッドで丁寧慎重な対応(やり取り)次第では釣り上げることが十分に可能です。

が、しかし…

いくら万能なエギングロッドでも、どうにも太刀打ち不可能な相手がいることも事実です。

そこで今回は、「エギングロッドの限界を正しく知ろう!どうにも獲れない怪物モンスター◯選!」についてご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

 

エギングロッドの限界とは

f:id:sasaki07takefumi05:20200806000836j:plain

エギングロッド-M8.3ft

エギングロッドの限界とは、一つは仕掛けのウエイトです。通常エギングロッドはエギのウエイトすなわち、"エギ2号(6g)〜4.5号(33g)までのウエイトを基準に設計"されているため、これを外れたウエイトの仕掛けを無理に使用することはロッドの破損につながるケースも珍しくありません。

エギングロッドのウエイトの限界を無視することで、最も多いロッドの破損事故はジギングです。

ジギングではキャストの飛距離を求められる場面(100m以上)が多く、この場合40g〜60g程度のメタルジグをフルキャストすることになります。

限界ウエイトを超えたエギングロッドをフルキャストした場合、"ロッドの繋ぎ目や根本からポッキリ折れる"事故がよく起こるので絶対にやめましょう。

 

どうにも獲れない海の怪物モンスター

私の実体験を元に解説させていただきます。

海には想定外の大型の生き物がいて、エギングロッドでは相手にしない方がよい怪物モンスターがいます。

万が一かかってしまったら諦めることが無難です。

 

巨大タコ

f:id:sasaki07takefumi05:20190702184131j:plain

モンスター画像|巨大タコ

タコには要注意です。

2キロちょいなら釣り上げた経験がありますが、過去に何度も太刀打ちできなかった巨大なタコがいます。

推定ではありますが、"2.5キロ以上はある"と思われるこのタコですが一旦は海底から持ち上がるものの、タコの最初の泳ぎで呆気なく終了。(タコが岩に張り付く)

ドラグをガチガチに締めてから再トライしたものの、ロッドのきしむ音に日和った私はテンション抜きの即降参。

エギングロッドの限界を感じた瞬間でした…

 

巨大エイ

f:id:sasaki07takefumi05:20210211172028j:plain

巨大エイ画像|イメージ縮小版

エギング中によくあるのがコレ。

いきなり魚のような激しいアタリ、合わせた瞬間沖に向かってロケットダッシュです。

ドラグが鳴り止まず、リールには残りわずかなライン。誰だって日和る瞬間です。

ドラグをガチガチに締めていざ勝負してみたものの、あまりのパワーを見せつけられロッドはへし折られる寸前です。(推定10キロオーバー)

すかさずロッドを水平に構えてラインブレイク完了…完敗です。

まさしくエギングロッドの限界でした。

 

おわりに

海には怪物モンスターがいます。

エギングロッドの限界を知りました。巨大タコや巨大エイの前ではエギングロッドなど爪楊枝同然。

ドラグを締めても無駄。

必死の抵抗も虚しく切れてしまったラインが風に吹かれています。ただ呆然と…

 

www.fumitiyo.com

エギングロッドはどれが万能?《優秀コスパ》丈夫で長持ちするオススメ6選! - Taketiyo釣りブログ

いかがでしたか。

エギングロッドには限界があります。

私が経験したように相手が怪物モンスターだと確信した場合は、早めに降参してラインブレイクをさせたほうが無難です。

大切なエギングロッドを破損させずに済みますから…それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク