Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

ランディングネット!ヘキサネットとジョイントの組み合わせ!

たけちよ釣りブログへようこそ。

最近、すっかりオシャレな呼び方となっているランディングネットですが、私が子供の頃(30年前)の記憶では、当時タモ(タモ網)と呼ばれていました。

なぜ「アミ」ではなく、「タモ」と呼ぶのか?当時、子供だった私はいつもタモと聞くたび不思議に感じていました。

最近、タモ網の由来を皆さんお馴染みの"ヤホー"で検索してみたところ、「魚を掬うのに使う小型の網。」とありました。

ようするに、昔の人が使っていた単語といった感じですね。(一部、アイヌ語説などもありました…!?)

さて、今回は堤防で釣りをする人なら絶対に必要なアイテム、タモ網「ランディングネット」の組み合わせについて、私が"実際に使用しているもの"をご紹介させていただきます。

 

堤防ランディングネット5m最強コスパの組み合わせ

ジギング、エギング、ロックフィッシュ、チニング、シーバスゲーム、などなど…堤防で釣りをしていて、ランディングネットが必要となる場面は、基本的に"大物"がかかったときです。

体長1メートル近い、ブリやシーバスなどを掬うとなると、ランディングネットの「フレーム」は当然、大きいほど掬いやすく、イカを狙うエギングであっても、大型のアオリイカやソデイカなど、大きいフレームの方が断然掬いやすいです。

さらに、堤防から海面まで少し余裕をもって届くランディングネット、ポール(シャフト)の「長さ」も重要となります。

したがって、ランディングネットの長さを選ぶ際、自身が通う堤防の"大潮のド干潮"(潮が一番引いたとき)低潮位を想定して選ぶことが大切です。

次に持ち運びや移動時(ランガン)に便利で欠かせないのが、"折りたたみ式"でコンパクトにできるジョイントアーム。ワンタッチで素早く使用が可能な「組み合わせ」にも注目してください。

ヘキサネットL|フレーム(メジャークラフト)

f:id:sasaki07takefumi05:20230310111712j:image

ランディングネット最強コスパといえばやはり、メジャークラフト、ヘキサネットL(エルサイズ)がおすすめです。

六角形のフレームが非常にランディングしやすい(掬いやすい)点と高品質ネット付きで5千円前後(Amazon)といった、驚きの最強コスパといった点がおすすめの理由ですね。

フレーム設計が1ピースと4ピースの2種類ありますが、"1ピースのフレーム"が最も丈夫でおすすめですよ。

フレームサイズもMとLがありますが、エギング以外の釣りにも流用するのであれば、Lサイズが絶対におすすめです。(大は小を兼ねます)

ランディングポールシャフト50(ダイワ)

f:id:sasaki07takefumi05:20230310095322j:image

ランディングネット5mで「今一番人気で売れている」と言われているのが、上の画像のダイワランディングポール50(実寸510cm)です。

一般的に足場の整備されている堤防であれば、5mの長さで十分です。(余裕も十分にあります。)さらに、ランディングネットのフレーム(Lサイズ670mm)分長さが伸びるため、全長6m近くになるというわけです。

仕舞寸が約70cmとコンパクトで、ヘキサネットLとの組み合わせもバッチリ決まりますよ。

使用した感触としましては、ランディングネットを海面に向けるだけで、自動的に「スルスルーっと」伸びてくれます。

あと、グリップに滑り止め加工がされているので握りやすく、力もいれやすいのでホント使いやすかったのが一番の印象です。

ランディングジョイントアーム(ダイワ)

f:id:sasaki07takefumi05:20230310112104j:image

ランディングネットはどんなに持ち運びやすくても"素早く使用できなければ"まったく意味がありませんよね。

ダイワのジョイントアームはワンタッチでロックを解除しやすく、丈夫で錆びにくいステンレス製なので使っていて安心です。

ランディングポール(シャフト)と同じメーカーを使用することで、ジョイント部分のガタつきもほぼありません。

ステンレス製で丈夫なわりに、このお値段とは最強コスパと言って良いでしょう。安心しておすすめできる、超優秀なジョイントアームですよ。

ランディングステーホルダー(ダイワ)

f:id:sasaki07takefumi05:20230310114911j:image

ランディングツール最後はワンタッチで装備するために欠かせない、"ステーホルダー"のご紹介です。

フローティングベストやライジャケ、釣り用のリュックやバックのDカンに付けたり、ズボンのベルトなどにも装備可能です。

こちらもステンレス製で錆びにくく非常に頑丈な作りなので、「移動中に破損して落下する」などの心配がありません。マグネット式のホルダーと比べて、"使用劣化"も極端に少なく超おすすめですよ。

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20230310120527j:image

いかがでしたか。

堤防からの釣りでも季節によっては、予期せぬ大物がかかったりしますので、「ランディングネット」は必要不可欠なアイテムの一つです。

ランディングネットが小さくて、魚を取り込む際にルアーのフックや仕掛けの針が、フレーム際に絡んでしまい、(魚がネットの外側で宙吊り状態)最悪の展開(バラし)を経験したことが何度かあります。

今回、ご紹介した「ランディングネット!ヘキサネットとジョイントの組み合わせ!」であれば、そのような心配は一切なくなり、"ランディングに不安を感じていた方"にとって、間違いなく強い味方となってくれますよ。

是非、ランディングネット"最強の組み合わせ"を手に入れて、堤防から大物をバシバシ釣り上げてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。