Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

泳がせ釣り!ゴリ巻き勝負に強いコスパ抜群おすすめリール5選!

たけちよ釣りブログへようこそ。

堤防から手軽に大物を狙える泳がせ釣り。

近年、"釣り系YouTubeの影響"から泳がせ釣りをする人が急増しています。

泳がせ釣りの人気の秘密とは、"シンプルな仕掛けで難しい技術を必要としないところ"なんだそうです。

そして何よりも"サビキ釣りで釣れた小さな魚が大物に化けるサプライズ感"から、釣り初心者さんや子供連れのファミリーさん達の間でも大変人気になった理由なんだそうです。

さて、今回はそんな泳がせ釣りで使用する道具の中でも、特に大事と言われているリールのご紹介をさせていただきます。

 

 

泳がせ釣り!ゴリ巻き勝負に強いコスパ抜群おすすめリール5選!

f:id:sasaki07takefumi05:20210626165731j:image

泳がせ釣りでは、大物の強烈な引きにも負けない"リールのトルク(巻き上げ力)"が必要とされる場面が多々あります。

 ストラクチャー(障害物)の側での魚ヒットだったり、湾内の出入り口付近でのやり取りなど、"できるだけ早く"魚を寄せ海面に浮かせて勝負をつけなければ、"ラインを切られてしまう状況"というのがあります。

何時間もアタリを待ち、ついに待望の大物がやっとの思いでヒットしたにも関わらず魚のパワーにリールのトルクが翻弄されてしまい呆気なくラインブレイク…

泳がせ釣りを長くやっているとこうした問題に直面します。

ドラグの調整である程度魚の体力を奪いながらやり取りすれば大抵は大丈夫なんですが、規格外のサイズの大物と呼ばれる魚の"引きの強さ"は想像をはるかに超えますよ。

フッキングから最初の走りの初速のスピード、反転する速さや"瞬間的にラインにかかる負荷"など、リール性能(ドラグ)が低いと数秒ももたずにやられてしまいます。(ラインブレイク)

単純に「ラインを太くすれば良い」って方は、是非そうしてください。

しかし、魚はラインが細ければ"ヒット率は格段に上がります。(チヌ釣り師が断言)"もちろん、泳がせ釣りでも同様のことが言えます。

泳がせ釣りで年間何十本も大物を釣り上げているベテランの方たちは、やはりそのあたりに細心の注意をはらっているようです。

 

ドラグ性能を重視したリール

泳がせ釣りでは、規格外の大物が掛かることがあります。「絶対に逃したくない。」何としても釣り上げたいですよね。

泳がせ釣りで大物とゴリ巻き勝負をするときは、まずリールの番手を3000番以上で選び、"ドラグ性能を重視したリールがおすすめ"です。

泳がせ釣りで使用するリールは軽量化されたデザインや素材などは考えずにとにかくドラグ性能が大切です。

安いのにドラグのベアリングの数が他よりも多いなど"お値段以上の性能"がコスパ抜群と呼べるリールの条件です。

リールのドラグ性能とは、基本的にドラグに関連したパーツのベアリングの数で決まります。

 

ドラグ性能の恩恵とは

泳がせ釣りでは大物とやり取りすることが多いので、ドラグを調整して魚のパワー(引きや走り)をロッドのしなりとリールのドラグを利用してコントロールする必要があります。

例をあげるとしたら、1mを超えるシーバスなどは"反転する際の首を振る速さ"が尋常ではありません。(サングラスを使用して海中を目視、ヒットした瞬間を確認できました。)

相手(魚)の動きが速くて重いとなると、やり取りの最中に"ドラグの反応が間に合わず"にパチンと呆気なく、簡単にラインを切られてしまうことが以前から多々ありました。(めちゃめちゃ凹みます…涙)

私はこのときの経験から泳がせ釣りのリールは"ドラグ性能を重視したコスパ抜群のリール"を選ぶようにしました。その恩恵もあって泳がせ釣りでヒットした魚とは、ラインブレイクを気にせずに"強気のゴリ巻き勝負"で真っ向勝負、バラしはほとんど無くなりました。

 

ネクサーブ C5000GH(シマノ)

5000番の馬力に加えて"GHハイギアモデルでこの抜群のコスパ"は驚きます。Amazonレビューも大変満足の声が多く、シマノの努力が伺うます。

やはり、5000円という価格帯が最低限のドラグ性能の"ボーダーライン"ですね。この価格帯を下回るとリールのドラグ性能は期待できません。

Amazonレビュー内のインプレ記事を見るかぎり、"お値段以上のコスパを実現した"ネクサーブC5000GHは泳がせ釣りでゴリ巻き勝負にかなり強いリールのようですね。純粋におすすめします。

 

クレスト LT(ダイワ)

泳がせ釣りでゴリ巻き勝負に強いコスパ抜群のリール。ダイワも負けてないですよ。

クレストLTノーマルギアは"巻き心地の非常に良い印象"と5000円代後半を感じさせる、期待通りのドラグ性能におすすめする理由があります。

"Amazonレビューも高評価"が多く、コスパ上位との声が目立ちます。泳がせ釣りにおすすめして間違いのないリールですね。

 

セドナ 4000XG(シマノ)

続々とコスパ抜群のリールが発売されていて、泳がせ釣りにはどのリールがいいのか迷ってしまう。そんな方には"セドナ4000XGがコスパ抜群でおすすめ"ですよ。

堤防からの泳がせ釣りなら間違いなくいい仕事をしてくれる"信頼できるリール性能"です。

ドラグ性能に加えて、4000番のトルク(巻き上げ力)があれば、堤防泳がせでは向かうところ敵なし?やられるとすれば15キロオーバーのエイぐらいかな…

"ジギング兼用"も視野に購入をおすすめします。

 

レグザ LT 4000H(ダイワ)

さぁこの価格帯からが購入に悩むところではないでしょうか。"10000円代のリール性能"は使った人だけがそのリールの価値をよく理解できますよ。

とにかくドラグが滑らかで"絶妙な調整ができる"ため、泳がせ釣りで思わぬ超大物が突然アタックして来たときでも安心してゴリ巻き勝負ができます。

大物を仕留めたときにきっと感じるはずです。「このリールこそ本当にコスパ抜群のリールだ。買ってて良かったぁ。」と。

  • 確かなドラグ力 
  • 滑らかなドラグ性能
  • 4000番Hハイギアのトルク(巻き上げ力)

泳がせ釣りでは、雨さらしの悪天候な状況なども想定すればリールの防サビ加工は必須条件です。丈夫で長持ちで、しかも"ここ一番で頼りになるリール"こそがゴリ巻き勝負に強い、本当の意味で"コスパ抜群でおすすめできるリール"だと私は考えます。

 

サハラ 4000XG(シマノ)

泳がせ釣りでゴリ巻き勝負に強いコスパ抜群おすすめのリール、7000円代のサハラ4000XG(シマノ)は費用対効果◎要するにコスパが抜群とのAmazonレビューが大変目立ちます。

泳がせ釣り以外でもジギングやサビキ釣りなどに兼用されている方が多いのも、"安心価格で使いやすい証拠"ですね。

5000円代のリールか?10000円代のリールか?丁度中間にあたるリールなので、"極力予算を押さえたい"初心者さん向けのおすすめリールです。

もちろん"ドラグ性能やリールのトルク(巻き上げ力)"などは申し分なしの優秀なリールだと言えます。

 

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20210625154550j:plain

いかがでしたか。

「泳がせ釣り!ゴリ巻きに強いコスパ抜群おすすめリール5選!」をご紹介させていただきました。

泳がせ釣りは基本的に太いロッドにゴツいリール、太いラインで十分釣れる。

このように考えて長年泳がせ釣りをやってらっしゃる方は多いと思います。

しかし、いい物(道具)は使ってみて、はじめてその道具の本当の良さを実感できるんです。いざ大物と対峙したときのあの"安心感や自信"といった感覚。

「バレたら嫌だなぁ」と心の中でドキドキしながら不安に巻くリーリングでは、バラし率は当然上がります。真っ向勝負のゴリ巻き勝負とは、信頼できる道具があればこそできる、泳がせ釣りで"最も安定した釣果を出すための最善の策"だという風に私は考えています。

「ゴリ巻きがダメ(バラし)、ドラグでいなしてもダメ(バラし)」どうしたらバレないの…?

コレ(バラし地獄)はいつまでたっても続きます。

海釣り初心者におすすめマルチロッド!初購入で後悔しないロッドの選び方! - Taketiyo釣りブログ

この記事をご覧になって少しでもリールの重要性が伝われば幸いです。是非、今年は"コスパ抜群のゴリ巻き勝負に強いリール"を手に入れて、泳がせ釣りの自己新記録に挑戦してみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。