Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

タコ釣りは足の数だけ極意がある!知らなきゃ損する8つのポイント!

f:id:sasaki07takefumi05:20200512152045j:plain

マダコ/1.6キロ

タケチヨ釣りブログへようこそ。

近年若者の間でも人気が高まっているタコ釣りですが、タコ=オクトパス+ing(現在進行形)このように"オクトパッシング "という新しいジャンルとして、従来の餌(冷凍カニ)などを使用したタコ釣りとは、一風変わったルアーフィッシングが確立されています。

 

今回は、"タコ釣りは足の数だけ極意がある!知らなきゃ損する8つのポイント!"についてご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

タコ釣りの極意

タコ釣りには極意があります。

少し大袈裟ではありますが、これを知っているといないとでは年間で大きな釣果の差となりますので是非参考にしてみてください。

 

釣れやすい時期を知ろう

タコ釣りの極意の基礎とも言えるのが、タコが釣れやすい時期を知ることがまずはじめに重要となります。

タコが釣れにくい時期にいくら頑張ってタコ釣りをしても釣果は上がりません。

 

タコ釣りの極意①

  • "6月〜8月の時期"が一年で最もタコが釣れやすい時期。
  • 5月、9月もボチボチ釣れる。
  • その他の時期でも釣れないわけではないが、ハイシーズン(6月〜8月)に比べると釣果はかなり下がる。

 

釣れやすい時間帯とは

タコは夜行性の生き物で明るい時間帯には、岩の隙間などに隠れてじっとしていることが多く日が沈むにつれて活発に行動をはじめます。

タコ釣りの極意②

  • "朝マヅメ、夕マヅメ、夜釣りの時間帯"にタコ釣りをすれば一番釣れやすい。

 

釣りやすいポイント選び

タコ釣りでは、"タコが居るポイントで釣りをする"必要がありますので、大抵の方が岩が多くあるポイントなどを想像してタコ釣りをすると思います。

 

しかし、タコ釣りは砂地のポイントが一番です。タコは岩などの隠れる場所がたくさんあるポイントだけに限らず、"砂地のポイントにも多く入ってきます。(6月〜8月)"

 

岩場のポイントではタコは吸盤を使用して岩に張り付いたり、岩の隙間に移動して入り込んだりしますので"バラしも多くなり"釣果は下がります。

タコ釣りの極意③

  • タコの土俵(岩場)では勝負しない。
  • 砂地のポイントで勝負すれば必ず獲れる。

 

移動しながら釣り歩く

タコは海底を這うように移動しながら餌を探しています。一箇所のポイントで釣るよりも、少しずつ移動しながら釣り歩くスタイルが釣果を伸ばすための極意となります。

タコ釣りの極意④

移動しながら釣り歩くスタイルで、"広範囲にタコの居場所を探る"ことが大事。

 

反転流を積極的に狙う(時合い)

朝マヅメ、夕マヅメ、夜釣りの時間帯には、時合いと呼ばれるタコのアタリが集中するタイミングがあります。

これとは異なり、日中でも反転流が起こるタイミングでもタコの時合いが存在します。

 

反転流とは

上げ潮から下げ潮に変わる時と、下げ潮から上げ潮に変わる時に"潮の流れる方向が変わるタイミング"のことです。

 

このとき反転流によって海底の潮が弛み、"海底の砂の中にいる生き物や岩陰に隠れていた生き物が移動したり、餌を捕食する行動をとりやすい"為、同様にタコも活性が一時的に上がります。(時合い)

タコ釣りの極意⑤

反転流の時間帯は、"タコの時合いが起こりやすい"ので狙い目。

 

海底の砂煙を意識して

タコ釣りでは、ズル引きを中心にタコを誘っていきます。このときに仕掛けが海底をしっかり捉えて砂煙をたてることが大切です。

タコは砂煙に敏感に反応する習性があるそうで、30メートル先の砂煙に対して素早く近づいて餌を捕食する行動が数多く確認されています。

タコ釣りの極意⑥

海底から仕掛けが離れない速さをリールやロッドで慎重に調整することが大切。(砂煙をたてる)

 

合わせの入れ方に工夫を

タコ釣りでは、タコに仕掛けをしっかり抱かせるためにアタリを感知してから合わせの入れ方に少し工夫をするとバラしが減ります。

アタリ感知→竿先で軽くシェイク。(餌がタコに捕まりもがく演出。)

このときのシェイクが強過ぎるとタコに仕掛けのカンナが刺さってしまい、逆にタコに警戒され防御のため張り付かれてしまうので要注意です。

"もがく演出"でタコが仕掛けにしっかりと覆い被さりますので、アタリを感知してから"約5秒後に大きな合わせ"を入れて、タコを一気に海底から引き離し海面まで巻き上げてください。

 

タコ釣りの極意⑦

タコのアタリに即合わせはしない。約5秒程度、シェイクでタコにしっかり仕掛けを抱かせてから鬼合わせ。

 

ランディングは素早くタモ網で

タコのバラしで多いのがランディング(取り込み)の際です。タコは水の入った袋同様に海面から持ち上げるとき"見た目以上の重量"があります。

海面から抜き上げは危険です。竿が折れたり、カンナが抜けたりしますので、"必ずタモ網を使ってランディングを素早く"行いましょう。

 

タコは足元の岸壁に近づくと壁に張り付こうと最後の抵抗をしてきますので、"岸壁から2メートルほど離れたところでタモ網に入れる"と安全でスムーズにランディングができますよ。

タコ釣りの極意⑧

ランディングは必ずタモ網で、足元岸壁から2メートルほど離れたところで素早く行う。

 

タコ釣り極意/まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20200405164721j:plain

6月〜8月は昼間でも釣れる
  1. 6月〜8月が一年で最もタコが釣れる時期。
  2. タコ釣りは朝マヅメ、夕マヅメ、夜釣りの時間帯が釣れやすい。
  3. タコ釣りは砂地のポイントが釣りやすい。
  4. タコ釣りは移動しながら広範囲に探る。
  5. 潮の流れの方向が変わる反転流を狙う。
  6. 海底の砂煙を意識して仕掛けをズル引く。
  7. タコのアタリは即合わせしない。
  8. ランディングはタモ網で素早く。

いかがでしたか。

タコ釣りは足の数だけ極意があり、知らなきゃ絶対に損です。

 

タコ釣りでは、どうしても"バラし"がつきものですが、タコは一度や二度バラしが続いても再び同じタコが仕掛けに掛かることも珍しくありません。一度バラしてしまっても、"同じポイントやその周辺"を何度か探り直してみるとドスンと再びアタリが出たりしますので試してみてください。

 

www.fumitiyo.com

それでは、これからタコ釣りのベストシーズンに突入します。"タコ釣り禁止区域"など各地域のタコ釣りの正しいルールを守って安全第一で今年もタコの雨を堤防に降らせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク