Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

【コロナ速報】自粛しないで良い釣りと自粛すべき釣り!新型コロナはココがポイント!

f:id:sasaki07takefumi05:20200421191609j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

いつもならこの時期、堤防でアオリイカエギングに熱中している筈なのですが今年はまさかのコロナショックです。

自粛、自粛…

なんでも自粛で片付けられてしまい、うんざりする毎日ですよね。

しかし、今回の新型コロナウイルスには特効薬となるワクチンが無いため重篤化した場合の死亡率が高く、感染力も非常に強いウイルスらしいので不要不急の外出の自粛は当然と言えば当然です。(まだ、死にたくないです…)

国内の新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない現在の日本の状況では、釣りは自粛すべき行動なのかもしれませんね…

緊急事態宣言も全国47都道府県に拡大され、県をまたいでの移動も自粛するように政府は強く呼びかけています。

 

そこで今回は、"自粛しないで良い釣りと自粛すべき釣り!新型コロナはココがポイント!"

についてご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

自粛しないで良い釣りとは

今回の新型コロナウイルスは、屋外での空気感染などの事例はなく、感染する原因は"人との接触による飛沫感染"が主な感染の原因です。

自粛しないで良い釣りとは、「人と一切接触しない。」ココにポイントがあります。

 

人に接触しない

自粛しないで良い釣りとは、"絶対に人と接触しない釣り"です。言葉で言うのは簡単ですが、「釣行計画をしっかりと立てる。」ココがポイントになります。

釣行計画

  1. 一人で釣りに行く。
  2. 店に立ち寄らない。
  3. 釣行時間を決める。
  4. 釣り場を決める。

必ず一人で釣りに行きましょう。自宅から出発したら、行きも帰りも"一切お店に立ち寄らない"ように釣りに必要な道具などは、全て通販サイトなどを利用して事前に準備しておきましょう。

 

食事は自宅で済ませて、釣行時間を決めて行くこともポイントです。釣行時間が長くなればお腹も減るし喉も渇いてしまい、"ついついお店に立ち寄ってしまう"ことにもなり、人との接触によるコロナウイルスの感染の可能性が出てきますので絶対にやめましょう。

 

釣り場は人の沢山集まりやすい"人気な釣り場は避ける"ことです。人の密集した場所は避け、万が一人が居たとしても"2m以上の距離をとって決して話しはしない。"ココがポイントですよ。

人に接触しない釣りであれば、コロナウイルスの感染のリスクはありませんので自粛しないで良い釣りと言えます。

 

自粛すべき釣りとは

f:id:sasaki07takefumi05:20200421192110j:image

自粛すべき釣りとは、"人との接触"がある釣り全てです。コロナウイルスは人との接触による飛沫感染が原因です。

人との接触がわずかでもあるならば、それは全て"自粛すべき釣り"に該当します。

 

遊漁船の釣りコロナ感染事例

遊漁船にコロナウイルス感染者の方と釣りに出かけた際に、実際にコロナウイルスに感染した方がすでにいるようです。

"遊漁船は何人もの人が密集して、何時間も密接に接触"を繰り返す非常に危険な釣りです。コロナウイルスが終息するまでは、絶対に自粛すべき釣りですよ。

遊漁船内でのコロナ感染ニュースのリンクです。↓

 

MBCニュース | 新型コロナ県内6例に 濃厚接触者12人 18日検査

多人数での船釣り

こちらも人との接触があり自粛すべき釣りに該当します。今や誰がコロナウイルスに感染しているか分かりません。コロナウイルスを人にうつす、うつされる可能性が、どちらもあるため危険です。

個人で管理している船での船釣りは、一人で行けば人に接触することがないので自粛しないで良い釣りになりますが、"船を管理してもらっている場合は手続きの際にお店の人との接触"が必ずあり、自粛すべき釣りにあたります。

 

県をまたぐ外出は全て自粛すべき

国内で新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言の発令となりましたが、日本は今まさに医療崩壊の瀬戸際に立たされているようです。

政府は特にGWゴールデンウィーク中の"県をまたぐ外出の自粛"を徹底するように連日のニュースで強く呼びかけています。

県をまたぐ外出となれば、道中必ず休憩などでお店に立ち寄ることも増えてしまい"人との接触も広範囲"に及んでしまいます。

日本各地にクラスター(小規模集団感染)が広がる危険性も高まり、さらにはオーバーシュート(爆発的感染患者の増加)を引き起こす恐れがあるので"県をまたぐ外出(釣り)"は全て自粛すべき釣りにあたります。

 

コロナウイルス感染予防の対策

f:id:sasaki07takefumi05:20200421192201j:image

コロナウイルス感染予防の対策とは、「人と接触をしないこと。」ココがポイントです。

自粛、巣篭もり生活中でも生命維持のため食料の買い出しにはどうしても外出しなくてはいけませんし、一日中家でゴロゴロするだけというのも"免疫力の低下"につながります。

自粛しないで良い釣りに出かける場合にも、次のことに必ず注意してください。

 

飛沫感染予防

  • マスク着用。
  • 手洗い/うがい。
  • 人との距離(2m以上離れる)

 

習慣予防

  • 十分な睡眠。
  • 規則正しい生活リズム。
  • バランスよい食事。
  • 適度な運動。(ウォーキングなど)

【速報】海釣りでコロナウイルスに感染するリスク危険性や注意点について! - Taketiyo釣りブログ

緊急事態宣言から2週間経過しました。自粛生活に慣れてしまって"油断してしまう時期"でもありますので、コロナウイルス感染予防の対策について、もう一度しっかりと確認して一日も早く"コロナウイルス終息の日"が来るように自粛生活をもうしばらく頑張って行きましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク