Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

秋のエギングのコツ!秋イカ新子の数釣りにはコツがある!

f:id:sasaki07takefumi05:20191003183927j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

秋のエギングシーズンがやって参りました。

毎年この秋イカ新子の時期は数釣りが楽しめる時期であり、しかも刺身で食べると新子独特の程よい歯応えとさっぱりとした甘みが最高に美味しい時期でもあって、これからエギングを始める初心者の方にも最高にベストな時期です。

 

さて今回は、そんな「秋のエギングのコツ!秋イカ新子の数釣りのコツ!」について私の経験も交えながらご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

秋イカ新子の数釣りのコツ

f:id:sasaki07takefumi05:20191003190816j:image

秋イカ新子は春の産卵の時期とは違って、数釣りが可能なエギングのハイシーズンとも言える時期です。

 

この時期の秋イカ新子も藻場について餌を捕食することもありますが、春の産卵の時期とは違って広範囲なポイントに身を潜めて餌を待ち伏せしていることの方が多いです。

 

秋イカ新子の数釣りのコツは、足元からエギングを開始しながら、広範囲にエギをキャストして移動をしながら釣り歩く(ランガン)スタイルが、秋イカ新子の時期には非常に効果的な釣り方でありとても簡単なコツの1つです。

 

ストラクチャー(障害物)の影を狙う

秋イカ新子はストラクチャー(障害物)の影などに隠れて餌を待ち伏せているパターンがこの時期特有のもので、春の産卵シーズンとは若干違う部分でもあります。

 

係留している船の下の影や堤防の際の影など、様々なストラクチャーの影に隠れていることがよくありますので、このようなポイントを重点的に狙うことが秋イカ新子の数釣りのコツでもあります。

 

www.fumitiyo.com

アオリイカとコウイカの捕食レンジ

f:id:sasaki07takefumi05:20191003193614j:image

アオリイカとコウイカの捕食レンジ(餌を待ち伏せしている場所、深さ)は違います。

コウイカの新子を狙うならば、ボトム周辺を重点的に狙ってエギングをするべきで、アオリイカの新子を狙うのであればボトム周辺よりも、やや上のレンジを意識してエギングを展開してそれぞれを釣り分けることが大切です。

 

私がよく耳にする悩みの1つに「コウイカしか釣れません。」というものがあります。

これはおそらく毎回エギをボトム着底させていて、コウイカが先にアタックしてくる為だと思います。

 

アオリイカからコウイカがエギを横取りすることは何度か見ましたが、コウイカからアオリイカがエギを横取りしたのは、一度も見たことがないので「もしかしたら、コウイカはアオリイカよりも気性が荒いのでは?」なんて考えてます。

 

秋のコウイカの新子を狙うならエギのボトム着底は必須ですが、秋のアオリイカを狙う場合はボトム着底は避けるべきで、それぞれの捕食レンジを意識して釣り分けることが、秋のエギングの秋イカ新子の数釣りのコツの1つでもありますよ。

 

www.fumitiyo.com

秋のエギングのコツ秋イカの習性を利用しよう

秋のエギングのコツは、秋イカの習性を利用することです。

秋イカの習性とは、警戒心が春の親イカよりは低いことです。

とにかくリフトアップするエギの動きに対してとても良い反応を示し、一度捕食のスイッチが入ってしまうと何度でもエギにアタックするというところです。

 

秋のコウイカの数釣り

秋イカの代表とも言えるコウイカの場合、エギのアクション(シャクリ)を入れずに、ボトムからただ巻きリフト&フォールで十分釣れます。

この釣り方が秋のコウイカエギングでは最も手返しが良く、秋イカ新子の数釣りのコツの1つです。

 

秋のアオリイカの数釣り

アオリイカは新子と言えどもコウイカよりも警戒心はあります。

秋の新子のアオリイカは春の産卵の時期とは違って、ボトム周辺よりもやや上のレンジを意識してシャクリは小刻みに、強さよりもキビキビ早くのイメージで、シャクリの回数は3〜4回と決めておき、1度エギをフォールアクションに移行したら決してエギを動かさない、ロッドとラインテンションに変化をつけないことが、とても大事です。

アオリイカはエギの

「ワンチャンスを確実に釣る」アオリイカの数釣りのコツの1つです。

 

www.fumitiyo.com

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20191004124933j:image

いかがでしたか。

秋のエギングのコツ!秋イカ新子の数釣りのコツについてご紹介させていただきました。

秋イカ新子のシーズンは群れで行動することが多いので、1匹釣れるとそのあとも連続でヒットするというのが、秋のエギングシーズンの定番です。

 

秋のエギングとは一般的に9月〜11月くらいまでのことを指しますが、この秋イカシーズン終盤11月ぐらいから、ソデイカと言うレッドモンスターが秋のエギング中に堤防周辺でヒットする大事故が起こることがあるので注意してください。

 

平均サイズは6キロくらいのものばかりなので、タモ網にソデイカの先っぽがギリギリ入るぐらいなので、ギャフがあると大変便利ですよ。

 

それでは、今年も堤防に秋イカ新子の雨を降らせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

www.fumitiyo.com

スポンサーリンク