Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

エギングでバラシ連発!原因は合わせ方だけじゃない!

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121332j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

エギングで「ベテラン」「初心者の方」に限らず気をつけたいのが、バラシ」です。

私もエギングでたまにバラシを連発してしまうことがありますが、アタリが分からなかった場合はともかくとして「しっかり合わせたのにバラシた」このようなバラシが連発するときに、注意したいいくつかのポイントをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

エギングのバラシの原因は合わせ方だけじゃない!

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121419j:image

エギング中にイカのアタリに合わせも完璧に決まったのに、巻き上げの途中にバラシてしまう。

このようなバラシの原因は、イカを巻き上げている最中に、ラインテンションが一瞬抜けてしまうことが考えられます。

イカはエギに掛かると、およそ一定のリズムで走りますよね。

イカが走り終えて、ロッドのしなりが戻りだした瞬間に潮の流れや波の力も加わって、わずかにラインテンションが緩みます。

このときにイカに掛かっているカンナが外れてしまうことが非常に多くバラシの原因となっています。

バラシ改善策①

イカの一定の走りにタイミングを合わせながら、リールの巻く速さを変えましょう。

イカの走りはじめはリールで巻き上げるのをやめて、イカの走りが弱まりだすタイミングに合わせて、再びリールで巻き上げましょう。

バラシ改善策②

①を意識しながら、ロッド操作でもテンションキープをしましょう。

基本的にロッドポジションは、イカに対して垂直に構えます。

イカの走りが弱まりだすタイミングに合わせて、ロッドで引きながら、リール操作でテンションをしっかりキープしましょう。

バラシ回避のワンポイント

イカが海面に浮いた場合は、右か左にロッドを倒してなるべくイカが海面から飛び出し過ぎないようにしましょう。

(イカが海面の波に煽られてテンションが緩みバラシの原因になります。)

リール操作とロッド操作で、ラインテンションをしっかり保ちながら、ゆっくりイカを岸に寄せましょう。

スポンサーリンク

 

大事なドラグ調整の基本的なやり方

f:id:sasaki07takefumi05:20190313121457j:image

エギングでのドラグ調整をする理由は主にイカの引きで、「身切れ」を防ぐことです。

ですが、あまりにもドラグを緩め過ぎると、合わせを入れても「イカにエギのカンナが掛からない」なんてことが起こりますので、緩めすぎてもバラシの原因になりかねません。

 

ベストなドラグ調整って難しい…

 

「適当でもイイっしょ?」

 

そんなこと言って大型のアオリイカなんかが掛かってバラシたら100%ヘコみますよ。

 

狙うサイズにもよりますが、先程書いたとおり大型のイカは、エギを抱きしめる力も強いので、ドラグが緩めだとエギのカンナがイカにうまく掛からないことがあり、バラシの原因にもなります。

私は基本的には、シャクリアクションで「少し音がする程度」のキツめに調整しています。

 

イカを掛けた後に引きが強く、明らかに大型の場合はやり取りの最中に少し緩めるなどの対応をしてバラシを回避しています。

ラインテンションキープさえしっかり意識していればバラシたりすることはありません。

 

慌てず冷静な判断と対応がバラシ回避のポイントですよ。

 

エギング初心者の方に非常に参考になる動画です。

 

まとめ

  1. リール操作とロッド操作でラインテンションキープがバラシ回避のポイントですよ。
  2. 掛かったイカが海面に浮いたら、ロッドを倒してラインテンションをキープしましょう。
  3. ドラグ調整で身切れや掛け損ねを防止しましょう。
  4. 大型のイカは引きが強いので、やり取りの最中にラインテンションキープを意識しながら、ドラグを少し緩めましょう。

 

堤防エギングは、入れ食いになることも珍しくありません。

 

是非今回ご紹介した「エギングでバラシ連発!原因は合わせ方だけじゃない!」の記事を参考にしてみてください。

 

今年も堤防にイカの大雨を降らせましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

www.fumitiyo.com

スポンサーリンク