Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

タコは夜行性のハンター!タコは夜釣りが一番釣れる

f:id:sasaki07takefumi05:20190315145618j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

タコはどう猛な夜行性のハンターで、あの8本の足で獲物に静かに忍びより、距離をつめてから一気に襲いかかる。

日中は、岩の隙間などに身を隠して「日が沈むにつれて行動が活発になる」これがタコの習性です。

 

近年ではタコの水揚げ量が減っているそうで、高級食材として注目を集めています。

そんなタコを堤防からルアーで釣る「オクトパッシング という言葉を最近よく耳にします。

堤防から専用のルアーを軽く投げて、海底についたらズルズルと巻くだけの簡単な釣り方で、「餌などがいらない」お手軽な釣り方です。

オクトパッシングは6・7・8月のナイトゲームが最もタコ達が釣れる時期! - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク

 

夜行性のタコは夜釣りが一番釣れる 

f:id:sasaki07takefumi05:20190315161202j:image

タコは夜行性なので夜釣りが一番釣れます。

夜になると巣穴から出て餌を探して海底をウロウロしています。

タコの夜釣りは、はっきり言って昼間とは桁違いに釣れますし、大型なタコが沢山釣れます。

移動しながらの釣りを展開すれば、毎投釣れることも珍しくなく、タコ釣りをするならば、絶対に夜釣りがオススメですよ。

エギングロッドでタコ釣り!柔よく剛を制す!合わせ方のポイント! - Taketiyo釣りブログ

常夜灯の堤防は必ずチェックしましょう

f:id:sasaki07takefumi05:20190315161257j:image

常夜灯周辺は釣り場所として、昔から定番のポイントですよね。

タコの大好物のカニなど、沢山のベイトが集まる一級ポイントですから、必ずチェックしてください。

常夜灯周辺でのタコ釣りなら「待ち伏せ戦法」で移動はあまりしなくても、キャストの方向を変えるだけで結構釣れることがありますよ。

大型のタコは、常夜灯の光が届かないような、暗い所でヒットすることが多く、逆に常夜灯の真下などの明るいところでは、あまり釣果がありません。

狙い目は、常夜灯の光が届かないポイントです。

www.fumitiyo.com

 

視界の悪い夜釣りの注意点!

日中とは違って視界が悪いので、ライトは必須アイテムです。

怪我や事故を起こしては、せっかくの楽しい時間が台無しです。

昼間の時間帯に下見をしておくことで、堤防の危険な場所や、タコが釣れそうなポイントがわかりますので、夜釣りがしやすく事故も未然に防ぐことができます。

 

タコ夜釣りの注意点

近年では温暖化の影響で、海水温が高くなっているせいか、温暖な海の生き物が日本近海でも発見されたりしています。

f:id:sasaki07takefumi05:20190315151456j:image

ヒョウモンダコというタコです。

小さいタコらしいですが、「テトロドトキシン」という猛毒を唾液に持っているらしく「噛まれるとアウト!」フグの毒と同じタイプらしいです。

見た目も派手なので、日中なら触らないとおもいますが、夜釣りだとうっかり触ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

夜の真ダコに効果抜群!オススメのルアーと入れ食いアクション! - Taketiyo釣りブログ

スポンサーリンク