Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

ナイトエギングはエギカラーの選択が釣果アップの決め手!

f:id:sasaki07takefumi05:20190805191516j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

ナイトエギングでは、月の光のある月夜のパターンや、常夜灯の周辺でのパターン、月の光も常夜灯の光も無い闇夜のパターンの3パターンが存在しますが、状況にあったエギカラーを選ぶことが釣果アップの決め手となることは、言うまでもありません。

 

今回は、そんなパターン別に状況にあったエギカラーの選び方を、私の経験を交えながら解説させていただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

www.fumitiyo.com

 

 

ナイトエギングはエギカラーが釣果アップの決め手

f:id:sasaki07takefumi05:20190805193745j:image

ナイトエギングと言っても、全ての場面が真っ暗な状況というわけではありません。

 

冒頭で解説したように、月夜のパターンや常夜灯周辺のパターン、光の無い闇夜の3つのパターンが存在します。

 

ナイトエギング基本の布地カラー

基本的にナイトエギングで使用する布地カラーは、派手な色を選びましょう。

 

ピンク系やオレンジ系をはじめとしたカラーが、ナイトエギングで釣果を上げやすいカラーです。

 

沢山のエギカラーがあれば、沢山釣れるわけではありませんので、まずは自分の信頼できるカラーを見つけることが大切です。

 

www.fumitiyo.com

 

下地のテープカラーの選び方

f:id:sasaki07takefumi05:20190808175138j:image

エギには、下地のテープカラーが色々ありますが、金テープと赤テープの2種類のカラーがあれば、ナイトエギングの釣果は十分に上げることができますよ。

 

アオリイカは色盲らしく、色を識別することはできないそうですが、色の波長を識別することはできるそうなので、光を反射する下地のカラーは慎重に選びましょう。

 

月夜は、金テープで月の光を反射してアピール、常夜灯周辺では、光を反射させ過ぎるとイカが警戒する場合がありますので、赤テープの鈍い光で自然なアピールが有効です。

 

闇夜は、光のアピールよりもシルエットのよく見えるエギカラーが定番です。

ピンク系やオレンジ系の布地に、赤テープか金テープの下地のどれか一つあれば釣果は十分期待できますよ。

 

繰り返しになりますが、沢山の種類のエギカラーがあれば、沢山釣れるというわけではありません。

 

終わりに

f:id:sasaki07takefumi05:20190808134319j:image

いかがでしたか。

「ナイトエギングのエギカラーの選択が釣果アップの決め手!」についてご紹介させていただきました。

 

ナイトエギングでは、少ない光の反射を利用することが非常に重要なポイントで、光が無いパターンでは、キャスト回数を増やしてイカに見つけてもらう、見つけてもらいやすいカラーの選択が重要になってきます。

 

ナイトエギングは、視界も悪くライトは必須アイテムですよ。

それとナイトエギングでは、思わぬ大物が掛かることがありますので必ずタモ網忘れずに。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

www.fumitiyo.com

スポンサーリンク