Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

コロナ釣りもダメ!コロナ影響で自粛ムード蔓延!期間はいつまで続くのか?

f:id:sasaki07takefumi05:20200406231356j:plain

タケチヨ釣りブログへようこそ。

先日発令された緊急事態宣言。新型コロナウイルスが全世界に瞬く間に感染拡大し、令和2年1月16日神奈川県で最初にコロナウイルス感染者が確認されてから、わずか"2ヶ月半程度の期間"で日本都市部を中心に1万人近い感染者を出す未曾有の国難に直面しています。

 

この国難を乗り越えるべく日本政府がついに、東京、神奈川、千葉、埼玉、兵庫、大阪、福岡7都道府県に追加で残りの40道府県も加え本格的に緊急事態宣言を強化することとなりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コロナ釣りもダメ!コロナ影響自粛の期間はいつまで続くのか?

コロナウイルスの感染爆発を阻止すべく発令された今回の緊急事態宣言ですが、多くのユーチューバーや芸能人などの自粛を強く呼びかける影響もあって、春イカシーズンというのに堤防には人影も少なく「海釣りはダメ!」といったような、自粛ムードが蔓延しているように思われます。

コロナウイルス対策として、大好きな海釣りを私自身も自粛中です。静かにリールを分解して、ベアリング各所にグリスを塗る作業など"釣り道具のメンテナンス"に精をだし、釣りに行きたい気持ちをグッと我慢している次第です。

 

緊急事態宣言の期間

今回発令された安倍首相の発言によると、"4月8日からゴールデンウィーク(gw)明けの5月6日までの約1カ月の期間"が、今のところの予定している緊急事態宣言の期間だそうです。

 

これにより国民一人一人が不要不急の行動(海釣りダメ)を自粛し、「人との接触を7割〜8割減らすことで、専門家の試算した国内の1カ月後のコロナウイルスの感染者数が8万人を超えない。」と言っていました。(1ヶ月後には減少傾向)

 

しかし、万が一感染者数が予想を上回る場合には"緊急事態宣言期間の延長"もあり得るようなので、自粛ムード(海釣りダメ)がいつまで続くのかはこの1カ月の"コロナウイルス感染者の数"次第といったところです。

 

釣りよかさんも活動休止

 

人気ユーチューバーの釣りよかさんもコロナ影響を受けて、自粛活動休止を決定したようです。海釣りファンに絶大な人気を誇る釣りよかさんの海釣り自粛、活動休止の影響でさらなる海釣り自粛ムードは全国に広がることになるでしょうね。

 

緊急事態宣言の最長期間

今回発令された緊急事態宣言には最長期間があるそうで、今年の2月から"最長2年間の延長が可能"だと法律で決まっているようです。最悪2年間は海釣りを自粛することになる可能性があります。(苦行です。涙)

なんとしてもこの1カ月、"不要不急(海釣りダメ)の自粛を徹底"して、最短の自粛(1カ月)で済むように一人一人の精一杯の努力が大切です。

 

www.fumitiyo.com

 

3つの密の尊守

海釣りがダメと思っていた理由は、楽しみのための外出をすること自体が"モラルに反している"のではないかと勘違いしていたためです。

コロナ対策として不要不急の自粛の対象とは、"人の密集した場所、人との距離が密接な場所、密閉された場所"、この3つの密に集約されます。

コロナウイルスの感染しやすい状況を把握して行動することが一番のコロナ対策なんですね。

 

マスクと除菌スプレー

マスクの入手が困難です。コロナウイルスの終息までまだまだ時間もかかりますので、商品のあるうちにお早めのご購入を強くオススメします。

 

 

帰宅後の常識習慣アルコール除菌

マスクと合わせて除菌予防スプレー

アルコール除菌スプレーなども品薄な状態です。マスク専用の除菌スプレーを併用すれば、コロナウイルス感染のリスクを減少させることができますよ。

 

ゴールデンウィーク釣り自粛

ゴールデンウィーク(gw)は、特に人の移動が激しく地方の釣り場などは人で溢れかえるため、"人の密集を作ってしまう可能性"がありますので注意してください。

人が密集、密接するような場所は屋外であってもコロナウイルス感染リスクが高くなり大変危険です。"ゴールデンウィーク(gw)など大型連休や夏休みの期間中"は釣りの外出は特に自粛するべきです。

 

おわりに

いかがでしたか。

"海釣りはダメ?コロナ影響で自粛ムード満載!期間はいつまで続くのか?"について解説させていただきました。

海釣りは不要不急の"自粛の対象にはならない"らしく、コソコソと海釣りに出かける必要はないみたいですが緊急事態宣言の期間中は自粛した方が無難かと…

 

コロナの影響で自粛ムードは、この先益々高まります。体調の優れないときや雨降りなど体調を崩しかねない場合は、無理な海釣りを決してしないように注意しましょう。

 

それでは、3つの密を尊守しながら手洗いやうがいの徹底を心掛け、一日も早いコロナウイルス終息のためできる限りの外出自粛に努めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク