Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

【速報】2021春アオリイカ釣果情報!梅雨入り影響はどうなる?

たけちよ釣りブログへようこそ。

2021年春のアオリイカ産卵シーズンは例年よりも"圧倒的に早い梅雨入り"の影響が、アオリイカの釣果にどのように影響するのか心配されている方も多いと思います。

安心してください。

アオリイカは今年も好釣果に恵まれそうですよ。

先日5月15日土曜日に私の住む地域(北部九州)で梅雨入りが発表されました。

いつもの堤防で雨が降る中"朝マヅメのアオリイカエギング"に出撃してまいりました。

今回は、その時のアオリイカ釣果情報をご紹介させていただきます。 

スポンサーリンク

 

 

2021アオリイカ釣果情報!梅雨入りの影響?朝マヅメ3連発の好釣果!

5月17日土曜日|中潮|天候:雨|気温20度|湿度90%

AM5時13分(日の出の時刻)

AM5時46分(干潮の時刻)

この日エギング開始時刻はAM6時からでした。

干潮潮止まりから、上げ潮に変わり始めたAM6時30分頃に最初のアオリイカが釣れました。↓

f:id:sasaki07takefumi05:20210520140155j:image

続いてこの後のキャストでまたまたアオリイカが釣れました。最初のボトム着底から4段シャクリ。テンションカーブフォールで"カウント3秒"でラインが跳ねる明確なアタリ。

群れが一斉に入ってきている模様。↓

f:id:sasaki07takefumi05:20210520141022j:image

アオリイカ(メス)800g程度でした。

メスなので撮影後に素早くリリースしました。(沢山のタマゴを産んでください)

 

2021年春の驚きのアオリイカ釣果情報はこの後のキャストです。↓

f:id:sasaki07takefumi05:20210520142504j:image

先程リリースしたメスのアオリイカが相手ディフェンダーの裏を突く最高のスルーパスになったのか、1.2キロのオスのアオリイカに強烈に突き刺さり見事前半戦でハットトリックを達成しました。

"テンション上がり過ぎて5段シャクリ"からのテンションカーブフォール。カウント8〜9秒で引ったくるようなアタリ。

アオリイカ3連発は初めての経験でした。

クーラーボックスは2杯のアオリイカでパンパンになったのでまだまだ釣れそうでしたが、この日は早々に引き上げることにしました。

朝マヅメアオリイカ3連発の好釣果に大満足。今年は期待できますよ。

 

春イカ攻略の7つのポイント!今年こそアオリイカを必ず釣りたい人は必見! - Taketiyo釣りブログ

まとめ

春のアオリイカエギングはボトムステイで警戒心を薄れさせながら、地道にコツコツ数を稼ぐ釣りだと毎年意識していましたが、2021年春のアオリイカは"梅雨入りの影響"もあってなのか活性が非常に高い印象を受けました。

朝マヅメのエギング開始1時間にて、ハットトリック3連発達成。しかも、干潮からのスタートだったので今年のアオリイカ産卵シーズンは驚きのスタートでした。今年は絶対に熱いです。

次回は、2021年春のアオリイカ産卵シーズン"夕マヅメの釣果情報"をお伝えしたいと思います。

2021年春のアオリイカ産卵シーズンはまだ始まったばかりです。今年こそ初の3桁釣果を目指して、堤防にアオリイカの大雨を降らせましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク