Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

冬の堤防タコ釣り!冬でも良く釣れるポイントや仕掛けと誘い方!

f:id:sasaki07takefumi05:20200109174346j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

冬の堤防タコ釣りは夏に比べて釣果は伸びないものの、サイズが良いのが一番の特徴です。

潮の状態や時間帯に加え、良く釣れるポイントにしっかり狙いを定めて釣行すれば、割と高い確率で釣果に恵まれることもあり、堤防タコ釣りマニアからして見れば、ライバルが少ない分タコ釣りに集中できる唯一の時期でもありますよね。

 

さて今回は、そんな真冬でもタコ釣りに行こうと考えていらっしゃる堤防タコ釣りマニアさんのために「冬の堤防タコ釣り!冬でも良く釣れるポイントや仕掛けと誘い方!」題しまして、堤防タコ釣りマニアである私自身の経験も交えながら解説させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

冬の堤防タコ釣りの仕掛け

f:id:sasaki07takefumi05:20200109182151j:image

冬の堤防タコ釣りは、基本的に夏のハイシーズンと同じタックルに仕掛けはタコやん3.5号です。

  • タコロッドorエギングロッド代用可
  • リール3000番以上
  • P.E.1〜1.5号
  • リーダーフロロ2〜5号(1ヒロ〜2ヒロ)
  • スナップM
  • タコやん3.5号

冬の堤防タコ釣りは、夏の堤防タコ釣りとは少し違って小さいタコがあまりいませんので、掛かったときは大型なものが多いのが冬の堤防タコ釣りの特徴です。

 

冬でも良く釣れるポイント

冬でもタコが良く釣れるポイントとは、水深の深いポイントと隣接するような堤防が冬でもタコが良く釣れるポイントになりやすいです。

堤防の湾内よりも湾外の方に釣果が多く、堤防の岸壁際ギリギリのポイントやちょい投げで、堤防の基礎周辺のかけ上がりのポイントなどがタコが良くヒットするポイントですよ。

 

冬のタコはあまり動き回らずに1箇所のポイントでじっと餌を待ち伏せしていることが多く、一度釣れたポイントは、しばらく時間を置いてから再度狙うとまた釣れるといったことがありますよ。

 

www.fumitiyo.com

冬良く釣れる時間帯

朝マヅメと夕マヅメの時間帯に加え、夜釣りの時間帯が冬にタコが良く釣れる時間帯です。

タコは夜行性なので、暗い時間帯を中心に狙っていくと釣果が上がりやすいですよ。

 

冬の堤防タコ釣りは、潮の少ない干潮の時間帯よりも、満潮前後といった潮の比較的多い時間帯の方が冬のタコは良く釣れる傾向があります。

 

冬の堤防タコ釣りの昼間の時間帯は、かなり渋い釣果と言うのが正直なところでして、釣れないこともないですが、朝マヅメ、夕マヅメ、夜釣りの時間帯に比べると釣果の差は歴然です。

 

 

冬の堤防タコ釣りの誘い方

冬の堤防タコ釣りの誘い方はズル引きが中心になりますが、注意したいのがズル引きの速さで、出来るだけゆっくりとズル引きすることが冬の堤防タコ釣りの基本の誘い方です。

 

冬のタコはあまり活発に餌を追い回すようなことはせずに、近くを通る餌で確実に取れる餌だけに反応するようで、ズル引きの途中に時折ステイ(止める)を入れてみたりすると、今まで釣れなかったタコが突然釣れたりしますので、タコに食わせの間を与えることも冬の堤防タコ釣りでは大切な誘い方となりますよ。

 

 

冬の堤防タコ釣りまとめ

いかがでしたか。

冬の堤防タコ釣りは寒さが一番の問題点です。

防寒対策を入念に行い無理なく安全に楽しんでください。

冬の堤防タコ釣りも夏同様に、移動をしながらの釣りが数釣りのポイントともなるため、1箇所の堤防で粘る釣り方よりも、違う堤防に移動した方が釣果がすぐに上がりやすいようです。

 

 

冬のタコは身も引き締まっていて、味も非常に美味しく、寒い冬場は新鮮なタコしゃぶなどは最高ですよ。

日本酒の熱燗と一緒にやれば至福の極みとも言える贅沢です。

それでは、そんな贅沢なタコを今年も堤防から雨の如く釣り上げましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。