Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

チニングをエギングロッドで始める方必見!スッポ抜けない合わせ方

スポンサーリンク

 

タケチヨ釣りブログへようこそ

チニングで最も神経を使うのは、合わせのタイミングだと思います。

「ガツガツっ」とアタリがあってから、即合わせで、スッポ抜けた。

なんて経験は「チニングあるある」ですよね。

私もエギングロッドでチニングをやっていますが、全てのアタリを掛けるのは非常に難しいです。

エギングロッドでチニングを始める場合、まずはロッドの特徴を把握して、そのロッドの利点を生かした釣りを展開しましょう。

スッポ抜けしても、諦めずに何度もチャレンジすることがエギングロッドでチニングを始めるときの大事なポイントですよ。

「なかなか釣れないから、釣れたときが嬉しい。」

釣りの醍醐味ですね。

f:id:sasaki07takefumi05:20190209232402j:image

ロッドの利点を生かしたアクションで合わせを入れやすいポイントを見つけよう

エギングロッドの利点はその感度の良さ」ですよね。

あのアオリイカのソフトタッチやスローフォールの餌木のボトム着底を手元に伝達する感度

チニングでもこのエギングロッドの利点を最大限に引き出すアクション。

それは、ズル引きアクションです。

目には見えないボトム(海底)の情報を何度もキャストしていると、砂地やゴロタ、堤防の基礎周りの捨て石や海藻帯、ブレイクや駆け上がりの地形などなど、ある程度分かるようになります。

まずはキャストして足元までズル引きを繰り返しながら、ボトムの情報を集めて最も合わせを入れやすいポイントを探しましょう。

根掛かりが多くて、ズル引きアクションがスムーズに出来ないような場合は、少し移動するかキャストする方向を変えて、なるべく根掛かりが少ないコースを探してください。

根掛かり中のアタリに合わせを入れても、ガッチリ根掛かりするか、もしくはスッポ抜け、運良く掛かったとしても、根ズレしてラインブレイクなんて結果になってしまいます。

チニングのズル引きアクションでは根掛かりが非常にありますので、根掛かりが少ないシンプルなジグヘッドをオススメします。

スポンサーリンク

 

チヌのズル引きアクションは即合わせ厳禁じっくりと食い込みを待つ

チニングのズル引きアクションはチヌに「食い込ます」こと(チヌの口の中に仕掛けが入る)が重要でアタリがあってもズル引きアクションでは、即掛け厳禁です。

エギングロッドでチニングをやる場合は、掛ける釣りです。

掛ける釣りとは、こちらからタイミングを合わせて積極的に合わせを入れていくことです。

チヌが自ら針に掛かるのではなく、こちらから仕掛けることです。

この合わせのタイミングさえつかんでしまえば、スッポ抜けるなんてことはなくなります。

スッポ抜けない為には、ズル引きアクション中の「ゴツゴツっ」や「ガツガツっ」のアタリがあっても、ズル引きを続けることです。

チヌは餌を強靭な歯で噛んで弱らせてから口に入れる習性があるので、はじめのアタリではほとんどがスッポ抜けますよ。

ズル引きアクションを継続することで食い込みのアタリを待ちます。

その為には、ズル引きアクションを継続できるボトムでなくてはなりません。「ズル引きアクションでアタリの最中に根掛かりしてしまう」と大抵は見切られてしまいます。

ボトムの情報を集めて、最もフッキングに持ち込みやすい、ズル引きが継続しやすいポイントを見つけておくことが大事です。

ズル引きアクションを継続すれば、チヌはさらにアタックを続けてきますので、このリトリーブの最中にロッドの先がグググっと入る感じや、ロッドの竿先にチヌの重みを感じたら迷わずに合わせを入れましょう。

このロッドの竿先の入り具合と重みの感覚が、スッポ抜けない合わせ方の大事なポイントです。

f:id:sasaki07takefumi05:20190209230344j:image

まとめ

  1. エギングロッドの感度の利点を生かして、ズル引きアクションが継続できるポイントを探しましょう。
  2. チヌの食い込みをスムーズに合わせを入れられるコースを見つけておきましょう。
  3. 「ガツガツっ」や「ゴツゴツっ」のアタリは継続してズル引きアクションを続ける。即掛けは厳禁、スッポ抜けます。
  4. グググっと竿先が入るときや、竿先にチヌの重みを感じたらチヌが食い込んでます。迷わずに合わせを入れましょう。

以上がエギングロッドでチニングのズル引きアクションをやるときの「スッポ抜けない合わせ方」でした。

この他にもエギングロッドでチニングのやり方はたくさんありますが、まずはズル引きアクションでのチニングを是非やってみてください。

必ず良い結果がでると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。