Taketiyo釣りブログ

釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

堤防エギングは夜が熱い!アオリイカが良く釣れる時間帯!

f:id:sasaki07takefumi05:20190626154334j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

日中の気温が高くなり、夜釣りが涼しくて気持ちいい今日この頃ですが、最近の釣果はいかがでしょうか。

 

夜のエギングは日中のエギングとは違って、どの時間帯でアオリイカの活性が上がるのか予測しづらいです。

 

日中ならば狙いを朝夕マヅメ前後に絞りやすく、効率よくアオリイカエギングが展開できるのですが、夜のエギングでは的が絞りにくいですよね。

 

そこで今回は、夜の堤防エギングでアオリイカが良く釣れる時間帯についてご紹介していきたいと思います。

 

www.fumitiyo.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

アオリイカの活性が最も上がるタイミング

f:id:sasaki07takefumi05:20190626155956j:image

夜の堤防エギングでは、アオリイカの活性が上がるタイミングを知る必要があります。

 

アオリイカは夜行性のため、夜の堤防周辺で回遊しながら餌を補食していますので、どのタイミングでアオリイカの補食のスイッチが入るのかが重要なポイントです。

 

夕マヅメの日没から2時間

夜の堤防エギングでアオリイカが良く釣れる時間帯は、夕マヅメの日没から2時間くらいの時間帯が夜のエギングで最も期待できる熱い時間帯です。

 

  • 日没が19時なら、21時ぐらいまでがアオリイカの良く釣れる時間帯です。

 

もちろんこの時間帯以外でもアオリイカは釣れますが、私の堤防エギングの毎年のデータでは間違いなく、この時間帯が最も良く釣れています。

 

潮の動きの活発な時間帯

f:id:sasaki07takefumi05:20190626174412j:image

夜の堤防エギングでは、日中よりも風などの影響が少ないため海面の雰囲気だけでは、潮の動きははっきりわかりづらいです。

 

一見あまり潮が動いてないように見えていても、エギを投入すると結構動いていたりするので、チャンスを逃さないように注意が必要です。

 

潮はいつも一定に動いているわけではありません。

早くなったり、遅くなったり、止まりかけたりといつも不規則に動いています。

 

潮の止まり始めや、潮の走り始めに最もアタリが多くこの潮の活発な動きのタイミングは、時間帯ではっきり明記することは難しいですが、満潮前後の2時間や、干潮前後2時間くらいの時間帯がおよそ潮が良く動いている時間帯にあたります。(釣り場のポイントに差がある)

 

  • 潮の動きの活発な時間帯は、実際に釣り場のポイントでエギを投入して見ることが一番です。

 

www.fumitiyo.com

 

スポンサーリンク

 

数カ所のポイントをローテーション

f:id:sasaki07takefumi05:20190626175808j:image

夜の堤防エギングでは、過去にアオリイカを釣り上げた実績のある自分の得意なポイントや、他のエギンガーが過去に釣っていたようなポイントを時間帯ごとに、ローテーションしながらエギングを展開すると思いがけない好釣果に恵まれることがあります。

 

www.fumitiyo.com

 

藻場周辺の定番ポイント

f:id:sasaki07takefumi05:20190626211947j:image

夜のエギングでアオリイカは表層に浮き気味になると一部のブログで見かけますが、あくまでも活性が高いときの時間帯に限っての話であって、大抵の場合は中層より下のレンジに居ることがほとんどで、やはりアオリイカが最も良く釣れてるポイントは、藻場周辺のポイントであり春イカ、秋イカどちらのイカも定番の狙い目となるポイントです。

 

上記のような藻場が点在するようなポイントを、あらかじめいくつか目星をつけておいて、一定の時間帯ごとに数カ所をローテーションしながらエギングすると、「始めは釣れなかったけれど、1時間後にまた来たら今度は釣れた。」

というようなことがあるのが、夜のエギングの特徴の一つです。

 

粘ってもダメなときはダメです。

一投目でビンゴなんてこともある堤防エギングでは、釣れるタイミングや時間帯は、エギンガーのヒキの強さ(運)も釣果に影響しています。

 

釣れない時間帯が長く続くと誰だって、モチベーションが下がりますよね。

そんな時にモチベーションを上げるには、ポイントローテーションも効果的な手段の一つです。

移動して「一投目でビンゴ!」夜のエギングで結構ありますよ。

 

www.fumitiyo.com

 

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190626212035j:image

 

  1. 夜の堤防エギングでアオリイカが最も釣れる時間帯は、夕マヅメ日没から2時間くらいが最も良く釣れる時間帯です。
  2. 満潮、干潮前後2時間くらいの潮の動きが活発な時間帯が夜のエギングでアオリイカが良く釣れる時間帯です。
  3. 潮の動き始めや止まり始めの時間帯にアタリが出やすいです。チャンスを逃さないように注意が必要ですよ。
  4. 堤防エギングでは釣れるタイミングや時間帯は、エギンガーの引きの強さも釣果に影響します。ポイントのローテーションも大切な手段の一つです。移動して一投目でビンゴも結構ありますよ。

いかがでしたか。

 

堤防エギングは夜が熱いです。

アオリイカは夜行性であり、どんな時間帯でも釣果記録はあります。

 

真夜中の時間帯であっても、潮の動き始めや潮の止まり始めなどの、潮の動きが活発な時間帯にタイミングさえ合えば、アオリイカの釣果は十分に期待できますよ。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク