Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

ヒイカにベストなエギサイズ!真冬のヒイカエギングのポイント&コツ!

f:id:sasaki07takefumi05:20191213173157j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

真冬がベストシーズンとされるヒイカエギングですが、エギング経験者なら誰でも楽勝で釣れると思っている方がいるようですが、春や秋のアオリイカエギングと同じ感覚でやっても、おそらくヒイカはそう簡単には釣れませんよ。

 

さて今回は、「ヒイカにベストなエギサイズ!真冬のヒイカエギングのポイント&コツ!」と題しまして、ヒイカエギングをこの冬に挑戦される方にヒイカが良く釣れるポイントや釣果アップのコツなど、簡単に分かりやすく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ヒイカにベストなエギサイズ

f:id:sasaki07takefumi05:20191213173025j:image

ヒイカとは地方によって違う呼び名が色々あるイカで、正式な名前はジンドウイカと言うそうです。

ヒイカは成長しても全長12㎝程度にしかならない小さなイカでその寿命はおよそ一年程度だそうです。

この小さなヒイカをエギングで狙う場合は使用するエギサイズにポイントがあります。

 

春〜秋の一般的なエギングで使用するエギサイズとは3号〜3.5号がメインとなるエギサイズですが、真冬のヒイカエギングで使用するエギのサイズは1.5号〜2号がメインになります。

 

ヒイカは自分より大きな餌にはあまり反応せず、臆病で警戒心の強い特徴もありますのでエギサイズの選択はとても重要です。

 

ヒイカエギングで使用するエギサイズについて説明します。

1.5号のエギサイズとは直径4cm(重さ約4g)2号のエギのサイズとは直径約6cm(重さ約6g)これは真冬のヒイカエギングで釣れるヒイカの大きさより一回り小さいサイズなのでどちらのエギもヒイカの反応が非常に良いです。

 

エギの沈下速度

ヒイカエギングのエギサイズが1.5号〜2号のエギサイズがベストな理由はもう一つありまして、エギの沈下速度がヒイカエギングのポイントになります。

 

ヒイカはエギの沈下速度が速いとエギを追いきれないので、1.5号〜2号のエギサイズのシャロータイプの沈下速度がヒイカにベストな沈下速度なようです。

  • エギサイズ1.5号 沈下速度10秒/1m
  • エギサイズ2号沈下速度7秒/1m

各メーカーによりエギサイズと沈下速度には、若干の違いがあるみたいですがおよその参考にしてみてください。

 

www.fumitiyo.com

ヒイカの活性の高い場合のエギ

f:id:sasaki07takefumi05:20191213165421j:image

ヒイカが毎投釣れるような活性の高い場合は、エギをシャロータイプからノーマルタイプのエギに変え、手返しのスピードを上げましょう。

 

活性の高いヒイカはエギの沈下速度を上げても、問題なく釣れ続けますのでエギのサイズは変えずに沈下速度を上げると釣果が沢山上がります。

このような活性の高い状態(時合い)は長くは続かないので、手返しよく釣果を稼ぎましょう。

 

ヒイカエギングのポイント&コツ

ヒイカエギングのポイントとは潮通しの良いポイントよりも、堤防の湾内の奥の方が釣果実績があり船着場などの潮の流れの緩やかなポイントの方がヒイカは好んで回遊しているようです。

 

ヒイカエギングはシャクリ方にコツがあり、春や秋のアオリイカエギングのようなシャクリ(幅の広いエギのダート)は必要なくロッドティップ(竿先)で小さく弾くようなシャクリ方がコツになります。

 

常夜灯のある湾内の奥

f:id:sasaki07takefumi05:20191213164448j:image

ヒイカエギングの特に釣果実績のあるポイントは、常夜灯のある湾内の奥の船着場などです。

 

夜になると常夜灯の周辺にプランクトンが沢山集まる為、それを食べに集まる小魚や小さな甲殻類などをヒイカは好んで捕食しているようで、常夜灯のある湾内の奥のポイントは必ずチェックしましょう。

 

www.fumitiyo.com

ヒイカエギサイズまとめ

いかがでしたか。

冬のヒイカエギングでは適切なエギサイズを使用することで釣果が上がりやすく、春や秋のエギングとは違うシャクリ方がヒイカエギングのコツとなります。

 

ヒイカエギングのポイントは潮通しの良いポイントよりも湾内の奥の方が釣果実績もあり、ヒイカエギングの重要ポイントになりやすいです。

  1. ヒイカのエギサイズは1.5号〜2号がベスト。
  2. ヒイカエギングのシャクリはティップ(竿先)で小さく弾くように。
  3. ヒイカエギングは夜釣りで常夜灯のある湾内の奥が良く釣れるポイント。

冬のヒイカエギングは寒さ対策をしっかりとしてライフジャケットは必須アイテムです。

 

ヒイカは夜行性の為、夜釣りの方が圧倒的に釣果が上がりますのでこの冬にヒイカエギングにチャレンジされる方は、是非夜釣りのヒイカエギングで今回ご紹介させていただいた「ヒイカにベストなエギサイズ!真冬のヒイカエギングのポイント&コツ」を参考にしてみてください。

 

www.fumitiyo.com

それでは、今年も極寒の堤防にヒイカの雨を降らせましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク