Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

堤防タコ釣りのルアーとアクション!大型が釣れる時期について

f:id:sasaki07takefumi05:20190426162148j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

 

最近はタコ釣りの人気が高まってきて、堤防でつまずいて転ぶ人を良く見かけます。

 

「足元をしっかり見ないと、危ないなぁ」なんて、他人事のように思って見ていましたら、先日私も転んでしまい、手のひらを擦り剥いてしまいました。

 

昔からあるような堤防は、ちょっとした段差が所々にあるので、注意しましょう。

 

足腰には自信があるほうなのですが、5cmほどの段差に足を取られるとは、なんとも不覚。

 

ロッドは幸い無事でしたが、リールのハンドルに結構な傷が入ってしまったので、ショックです。

 

さて今回は、そんなタコ釣りの良く釣れる時間帯や初心者の方でも、簡単操作でタコ釣りができるルアーアクションについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

 

【入門】堤防タコ釣り初心者の基本テクニック - Taketiyo釣りブログ

 

投げて巻くだけの根掛かり少ないタコ専用ルアー

f:id:sasaki07takefumi05:20190429001840j:image

堤防タコ釣りは、非常に根掛かりが多い釣りです。

しかし近年では、その根掛かりをかなりの確率で、回避してくれるルアーが開発されていて、その性能に注目が集まっています。

 

【タコやん】根掛かり回避率No.1のルアー

f:id:sasaki07takefumi05:20190429001918j:image

私も堤防タコ釣りで、このルアーを愛用するようになって、ルアーロストがほぼ無くなりました。

根掛かり回避の大きな理由は、ルアー本体に浮力があり、海底から少し浮いた状態をキープしてくれることです。

 

初心者でも簡単なルアーアクション①

タコやんを使用した、堤防タコ釣りのルアーアクションについてご紹介します。

  1. ルアーをキャストして、ルアーを海底まで沈める。
  2. 海底にルアーが着いたら、リールをゆっくり巻く。

 

以上がタコやんルアーを使用したときの、最もタコに効果的なルアーアクション、「ズル引きアクション」です。

 

初心者でも簡単なルアーアクション②

堤防タコ釣りで、根の荒いポイントでは、「タコやん」であっても、さすがに根掛かりすることがあります。

 

このようなポイントでは、リフト&フォールアクションがその威力を発揮します。

  1. ルアーをキャストして、ルアーを海底まで沈める。
  2. 海底にルアーが着いたら、竿を海面に対して90°ぐらい上に向かって1回煽り、ルアーをリフトします。
  3. 素早く竿を海面に対して45°ぐらいに構え、糸ふけを回収しテンションをかけてルアーを再び海底まで沈めます。(カーブフォール)

 

以上がタコやんルアーを使用したときのリフト&フォールアクションです。

根の荒いポイントでは、このアクションでタコを狙っていきましょう。

 

簡単ズル引きアクションのポイント

ズル引きアクションの気をつけるポイントは、なるべくルアーが海底の感触を感じる速度で、リールを巻くことです。

 

こうすることで、「タコやん」の下に付いた鉛が海底に砂煙を上げながら、タコに対して強烈なアピールをしてくれるので、釣果が伸びます。

 

簡単リフト&フォールのポイント

リフト&フォールアクションの気をつけるポイントは、基本的に根の荒いポイントで使うアクションなので、海底にルアーが着いたらその場所からズル引きしたりしないことです。

 

ルアーを上にリフト、下にフォールを丁寧に、点で狙っていきましょう。

 

タコは夜行性のハンター!タコは夜釣りが一番釣れる - Taketiyo釣りブログ

堤防タコ釣りのアタリの特徴

f:id:sasaki07takefumi05:20190429002036j:image

タコは、イカのようにルアーを「グイッと」引っ張るようなアタリ方は、ほとんどありません。

 

堤防タコ釣りで、ズル引きアクションでのタコのアタリのほとんどが、根掛かりのような感触です。

 

タコは、その場でルアーを押さえ込みます。

当然ルアーが重くなればチャンスですよ。

 

リフト&フォールのアタリ

リフト&フォールでのアタリは、ルアーをリフトして、ルアーが海底に着いた瞬間やその直後が最も多く、タコの活性が極めて高いときは、フォール中にイカのような「グイッ」と引っ張るアタリが、出ることがありますが稀なケースです。

 

タコを堤防からルアーで釣る!基本の誘い方とアタリの合わせ方 - Taketiyo釣りブログ

タコ釣り本番は梅雨入りから

堤防タコ釣りの、最も大型が数多く狙える時期は、6月の梅雨入りからが本番です。

この時期は大型のタコが産卵のため、堤防付近の浅場に一斉に入ってきます。

 

2キロを超えるようなモンスターサイズを狙うなら、この6月〜8月の間が堤防タコ釣りでは、最も期待できる時期となります。

 

まとめ

f:id:sasaki07takefumi05:20190429002139j:image

  1. 堤防タコ釣りのルアーは、初心者でも簡単に操作が出来て、根掛かり回避率に優れた「タコやん」がオススメです。
  2. 堤防タコ釣りのアタリの特徴は、根掛かりのような感触です。
  3. 根の荒いポイントでは、リフト&フォールでの、点の釣り方が有効です。
  4. 堤防タコ釣りで、2キロを超えるようなモンスターサイズのタコが釣れる時期は、6月〜8月で梅雨入りからが本番です。

 

いかがでしたか。

堤防からスーパーに並んでいるようなタコが釣れるなんて、嘘みたいに感じる方もいらっしゃると思いますが、紛れもなく事実です。

 

私は何年もスーパーでタコを買っていません。

毎年この6〜8月の時期に、自分が食べる1年分のタコを冷凍庫にストックします。

 

タコが高級食材となっている近年では、自分が食べる分は、堤防から自分で釣るのが一番です。 

 

オクトパッシングは6・7・8月のナイトゲームが最もタコ達が釣れる時期! - Taketiyo釣りブログ

今回ご紹介した、「堤防タコ釣りのルアーとアクション!大型が釣れる時期について」を是非参考にしていただいて、今年も堤防にタコの雨を降らせましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク