Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や堤防から釣れた魚の美味しい食べ方などを紹介をします。

釣りは趣味の王様です

f:id:sasaki07takefumi05:20190313122156j:image 

はじめましてタケチヨ釣りブログへようこそ。釣りは本当に楽しいですね。

今年で私も40歳になりました。

 

子供の頃に、父親と釣りに行って投げ釣りを教えてもらいました。

ターゲットはチヌ、近くの堤防から本虫やユムシ(現在ではコウジ虫?)を餌に、教わった天秤仕掛けに、20号の鉛をつけて、今日こそは絶対に釣る。

 

なんて闘志を燃やして、毎週休みの前日に、父親と朝まで釣りをしていたことを、ふと思い出しました。

 

そんな父親も来年73歳、足元に不安が有りますがまだまだ現役のアングラーです。

 

スポンサーリンク

 

 

チニングとの出会い

子供の頃にあれほど釣りたくても、なかなか釣れなかったチヌ

いつも行く釣り具屋さんである雑誌で、何やら気になる見出しが目につきました。

チニング、ナイトゲームでズル引き完全攻略!

 

チニングって、まさか、

すぐに必要なものを用意して、雑誌の説明通りにポイントを探して実践してみた結果…

ゴツゴツとか、ゴッゴッゴッとか、ガガッ、ガツガツとか、

いままでには無いアタリが頻繁にあるんですよ。

 

とりあえず適当に合わせてみたら、フッキングも成功して、難なくキャッチ成功。

 

本当に驚きましたが、あまりにも簡単に釣れてしまったことが、ある意味残念でした。

 

子供の頃にあれほど一生懸命に、頑張っても釣れなかったチヌが、わずか一時間くらいで釣れてしまったことが、そしてまた次の日も、また次の日も釣れました…

 

親父、あの苦労は何だったんだ、なんてとても言えませんでした。

f:id:sasaki07takefumi05:20190313122231j:image

写真は2018. 7月にチニング中に釣れた67㎝の真鯛です。

 

チヌではありませんが、ぼんやりと見えた魚影がピンク色で感激でした。

 

こんな大きな真鯛が堤防のしかも足元で釣れるなんて、夢にも思いませんでした。

 

堤防からアコウを求めて

私はルアーフィッシングを始めて20年ですが、アコウの美味さを本当に感じたのは、50cmオーバーを釣って食べた時です。

 

20cmくらいはリリースしますが、30〜40㎝のアコウと比べるとまったく違った味です。

あの清涼感ある身の旨味と脂のバランスはまさに幻の魚の由縁です。

 

堤防からは滅多に釣れません。

しかし、1〜2年に1度、50cmオーバーに出会います。それは6月〜7月の朝マヅメや夕マヅメ、ナイトゲームでチャンスがあります。

 

産卵時期です。アコウは産卵のために浅場に上がってきます。40cmぐらいから性転換してオスになるそうです。オスはこの6〜7月に産卵の準備をしているメスが居る場所(浅場)に、沖から上がってきます。

 

私は堤防専門なので、この時期が、最も釣れる確率が高い時期になります。

(たまに季節はずれのナイトゲームでミラクルはありますが)

 

アコウゲームは本当に一瞬です。

リフトからフォールでガツンとアタリがきたらかち上げフッキングで一気にゴリ巻きです。

下手にドラグを出すと、相手の思うツボです。

 

100%根に潜ります。

40オーバーのアコウに根に潜られてしまうと、引きずり出すのはかなり、難しいです。

 

根に潜られたときは、仕方ないので、ラインのテンションを緩めて、少し様子を見ましょう。

運が良ければ、また根から出てきますので、とにかく、あまり無理に引っ張ったりしない方が、リーダーにキズが入らずに済みます。

 

リーダーがキズつくとせっかく根から出て来たのに、あと一息のところで突っ込まれて、呆気なくラインブレイク。

なんてことになってしまいます。

 

ドラグは切れないくらいのギリギリで調整、peライン1号、リーダーは、フロロカーボン2.5〜3号がおすすめです。海面まで浮かせて、アコウに空気を吸わせれば、割と大人しくなるので、掛けたらゴリ巻きがアコウを堤防で釣る重要なポイントですよ。

 

慌てず冷静にラインブレイクギリギリのゴリ巻きです。

 

私の自己ベストです。

堤防、アコウ57㎝

f:id:sasaki07takefumi05:20181207022802j:image

 

まとめ

堤防からでも季節やタイミングが合えば、思わぬ大物に出会えることがあります。

 

私はこの確率が大好きです。たまにしか味わえないからこそ、足が震え、手が震え、心臓が高鳴る、この興奮が私を子供の頃から飽きさせない釣りの魅力だと感じています。

 

親父の今の73歳になっても、私が釣りができるかはわからないですが、釣りは一生楽しめる趣味だと父親を見ていて感じます。

 

皆さんも、是非近くの堤防でチニングやアコウを狙って安全な堤防フィッシングを楽しんでみてください。

以外なところにビックな魚がいたりすることがありますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク