Taketiyo釣りブログ

堤防からの釣りの話や釣れた魚の美味しい食べ方などをご紹介をします。

冬の堤防タコ釣り!仕掛けやタックルと大型のタコが良く釣れる時間帯!

f:id:sasaki07takefumi05:20191229185008j:image

タケチヨ釣りブログへようこそ。

最低気温2℃すっかり冬になり堤防タコ釣り冬のシーズンが開幕していますが、「冬でもタコ釣れるの?」って思いますよね。

私も最初は半信半疑で冬の堤防タコ釣りに出撃したのですが、意外に簡単に釣ることが出来たので驚きです。

 

タコ釣りハイシーズンの夏場に比べると少し物足りない感はありましたが、冬でも堤防からタコは釣れると体験できたので充分満足できました。

しかも、冬場は小さいタコが少ないためなのか釣れると大型のタコが目立ちます。

さて今回は、そんな冬の堤防タコ釣りの仕掛け&タックルや大型のタコが良く釣れる時間帯について詳しくご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

冬の堤防タコ釣りの仕掛け&タックル

f:id:sasaki07takefumi05:20191229192518j:image

  • エギングロッド代用可
  • リール3000番
  • P.E.ライン1号〜1.5号
  • リーダー2号〜5号
  • タコエギorタコやん

基本的に夏のタコ釣りと同じ仕掛けとタックルで大丈夫です。

ただし、2キロを超える大型のタコにはスピニングタックルよりもベイトタックルの方が、安心して有利にタコとファイトできますのでおすすめですよ。

 

www.fumitiyo.com

堤防タコ釣り専用の仕掛け

f:id:sasaki07takefumi05:20191229195218j:image

堤防タコ釣り専用の仕掛けとして、新星のように登場したタコやん。

夏のハイシーズンには、多くのショップで売り切れが相次ぐこの仕掛けは、冬の堤防タコ釣りでもその抜群の安定感とアピール力は健在です。

 

タコやんは仕掛け本体に浮力があるので、根掛かりが非常に少なく、潮の速いポイントでも安定した姿勢で冬の低活性のタコに対し強烈なアピールが可能な仕掛けですよ。

 

タコやんのサイズは何号?

冬の堤防タコ釣りでは、小さいタコは少ないのでタコやんのサイズは3.5号がベストサイズです。

夏場などの数釣りをする場合は、ワンサイズ小さい2.5〜3号のタコやんを使用すると500g程度のタコが入れ食いですよ。

 

冬のタコの誘い方

冬のタコは低水温の影響で活性は低く、あまり長く餌を追いかけたりしない為、ズル引きの誘い方も一秒間にリール半回転程度のゆっくりとした誘い方が有効です。

リフト&フォールの誘い方も仕掛けをリフトしてフォールしてから海底についたらそのまましばらくステイ(10秒〜1分放置)しておくとアタリが出やすいですよ。

ゆっくりとしたスローな仕掛けの誘い方が、冬の堤防タコ釣りの基本的な誘い方です。

 

www.fumitiyo.com

大型のタコが良く釣れる時間帯

f:id:sasaki07takefumi05:20191229211857j:image

冬の堤防タコ釣りで大型が良く釣れる時間帯は、朝マヅメと夕マヅメと夜釣りの時間帯です。

この時間帯にしっかりと狙いを定めて冬の堤防タコ釣りをすることが、冬場は体力的にも効率的でオススメですよ。

 

朝マヅメ

冬の堤防タコ釣りでは、やはり朝マヅメは絶対に外せない時間帯ですね。

特に気温の安定した日が続く、冬の朝マヅメなどは海水温度も割と安定する為、大型のタコが浅場の堤防周辺で餌を探して徘徊していることがありますよ。

 

夕マヅメ

こちらも朝マヅメ同様に冬の堤防タコ釣りで大型のタコが良く釣れる時間帯です。

特に冬の日中に比較的気温が上昇するような日の夕マヅメの時間帯は、浅場の堤防周辺の海水温も上昇する為、大型のタコが浅場の堤防周辺で餌を探していたりします。

朝マヅメと夕マヅメは、冬の堤防タコ釣りでも外せないゴールデンタイムですよ。

 

夜釣りは常夜灯周辺

冬の堤防タコ釣りの夜釣りの時間帯は、真っ暗な堤防と常夜灯のある明るい堤防とでは、常夜灯のある明るい堤防周辺に冬の大型のタコは入ってきやすいですよ。 

 

タコは夜行性なので、やはり夜釣りの時間帯に活発に餌を探して活動する為、朝夕マヅメに次いで冬の大型のタコが良く釣れるポイントは、常夜灯周辺の夜釣りの時間帯に釣果が集中しますよ。

 

冬の堤防タコ釣りは昼は厳しい釣果

f:id:sasaki07takefumi05:20191229203338j:image

冬の堤防タコ釣りでは、夏の堤防タコ釣りに比べると日中昼の時間帯の釣果は、かなり厳しいのが現状です。

夏場の産卵期では、昼でも積極的に餌を食べているタコも冬の低水温では活性も低い為、昼の時間帯は深場の水温の安定した岩陰などでじっとして動かないようです。

 

実際に冬の堤防タコ釣りを昼の時間帯(11時〜15時)に夏場の大型タコ釣りのポイントに行ってやってみましたが、アタリも無くボーズを何度も経験しました。

やはり冬の堤防タコ釣りの昼の釣果は厳しいです…

 

www.fumitiyo.com

おわりに

f:id:sasaki07takefumi05:20191229204740j:image

いかがでしたか。

「冬の堤防タコ釣り!仕掛け&タックルや大型のタコが良く釣れる時間帯!」ご紹介させていただきました。

冬の堤防タコ釣りは、良く釣れる時間帯に狙いを定めると割と簡単に釣れることがあり意外と知らない方が多いようです。

しかも、冬のタコは身も締まっていて歯応え、味、共に美味しく、まさに釣って楽しい食べて美味しいのが冬の堤防タコ釣りの醍醐味です。

 

冬の堤防タコ釣りは、寒さが最も問題となる厳しい釣りなので防寒対策をしっかりとして休憩をとりながら無理なく楽しみましょう。

 

www.fumitiyo.com

www.fumitiyo.com

それでは、冬の堤防タコ釣りはこれからが本番です。冬の堤防はライバルも少なくガンガンキャストできるので、バンバン冬の大型タコを釣り上げて行きましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。